ブログ初心者・Web制作の情報サイト
WordPressのバックアップはBackWPupを使うと管理しやすい

WordPressのバックアップはBackWPupを使うと管理しやすい

バックアップは取なければいけないと分かっていても面倒でなかなか手が付けられないものです。

しかしバックアップを取らずにデータが消失するトラブルに見舞われるとさらに大変です。そこで今回はBackWPupというプラグインを使ったバックアップ方法を紹介します。

BackWPupはスケジュールを組めば定期的にバックアップしてくれるので突然アクシデントが起きても復旧できますよ。

バックアップの基礎知識

WordPressは静的HTMLとは異なりページを自動で出力しています。

静的HTMLの場合1ページにつき1つのファイルをバックアップすればいいのですがWordPressサイトは静的HTMLサイトとは構造が全く異なっています。

WordPressではWordPressを動かすコアファイルをサーバーから読み込み、記事データをデータベースから読み込んでページを出力しています。

保存されている場所が違うためファイルデータベースは別々にバックアップしなければならないのです。

バックアップするべきファイル

どのファイルをバックアップするか知っておけば余計なファイルをバックアップせずに済みます。ストレージ容量を節約できサーバー負荷も抑えられるでしょう。

バックアップするべき主なファイルは前述したファイルデータベースです。

ファイル

  • WordPressを動かすコアファイル
  • テーマファイル
  • プラグイン
  • 画像等のメディア

ファイルはサーバーに保存されておりWordPressを構成するコアファイルとユーザーがアップロードした画像等のメディア、追加したプラグインに分けられます。

テーマファイルは編集することが多いのでバックアップしておくべきでしょう。

テーマの編集でミスが起こることはよくあります。間違った編集でサイトのレイアウトが崩れ元に戻せなくなってもバックアップしておけば復元できるので安心です。

サイトによっては画像がとても重くなる場合があるので注意が必要です。負荷がかかったりあまりにもファイル容量が多きようであればバックアップスケジュールの期間を長くしてもいいかもしれません。

データベース

  • 記事データ
  • コメント
  • テーマが作成したタクソノミー

データベースには最重要の記事データが保存されています。更新頻度が高くかつ重要なデータなので頻繁にバックアップしておくべきでしょう。

時間をかけて書いた記事が1つでも消えると時間や労力といった実際の損失以上に精神的なダメージが大きいです。もしその記事が時間をかけて書いた自信作だった場合はなおさらです。

データベースのバックアップはしっかり取っておきましょう。

BackWPupの使い方

WordPressでバックアップを取る方法としてFTPで直接バックアップを取る方法がありますが今回はプラグインを使用します。

ここではWordPressでバックアップと取るBackWPupの使い方を解説していきます。

BackWPupはバックアップ時間や項目、保存場所を細かく設定できるのでタスクの管理がしやすく保守性に優れている特徴があります。また一度設定してしまえばあとは自動でバックアップを取ってくれるので非常に楽です。

BackWPupには以下の機能があります。

BackWPupの主な機能
  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • WordPressのXMLエクスポート
  • インストール済みプラグインのバックアップ
  • データベーステーブルをチェック

BackWPup

BackWPupのインストール

まずはBackWPupをインストールして有効化しましょう。

BackWPupの有効化

BackWPupには有料版と無料版がありますが無料の範囲で十分使用できます。

バックアップスケジュールの作成

新規ジョブの作成

BackWPupではバックアップスケジュールはジョブと呼ばれます。ジョブを作成しバックアップするデータ、バックアップの間隔を設定することで自動的にバックアップされるようになります。

BackWPup > 新規ジョブの追加

管理画面のBackWPup > 新規ジョブの追加を選びます。

ジョブ名の設定

ジョブ名の設定

「ジョブ名」の項目にバックアップスケジュールの名前を設定しましょう。

バックアップはファイルによって優先度が違います。

頻繁に更新するデータベースは優先度が高いですが容量の重い画像メディアはサーバー負荷を減らすためにも優先度は低いです。

優先度の異なるデータのバックアップアップは別々のジョブで異なるバックアップ間隔を管理する方が保守性が高くなります。つまり複数のジョブを作って管理する場合はジョブ名には識別しやすい名称を付けておくと後で迷いません。

バックアップするデータの設定

BackWPup:バックアップするデータの設定

「ジョブタスク」の項目でバックアップを取るデータを選択します。必要なのものを選びチェックを入れます。

データベースのバックアップ:記事内容が格納されているデータベース

 ファイルのバックアップ:WordPressのコアファイルやテーマ、プラグイン、画像のバックアップ。これらは個別に選択することができます。

 インストール済みプラグイン一覧:インストールしているプラグインの一覧が書かれた txtファイルをバックアップ。これはプラグインのバックアップではなく、インストールしているプラグインの一覧のバックアップです。どのプラグインを使っているか分かるメモのようなものです。

 データベーステーブルをチェック

この設定で大まかに分けることができますがファイル単位で細かく設定したい人もいるでしょう。

「ファイル」タブではさらに細かくバックアップするファイルを設定することができます。

BackWPup:細かくバックアップするファイルを設定する

バックアップ保存先の選択

BackWPup:バックアップ保存先の選択

バックアップファイルを保存する場所を選択します。

特に理由がなければ「フォルダーへバックアップ」を選べばOKです。この場合バックアップはサーバーの以下のディレクトリに保存されます。

wp-content/uploads/backwpup-dcbf0b-backups/

デフォルトの設定ではアップロード画像と同じフォルダに保存されるのでFTPソフトでファイルを見るときに見にくくなるかもしれません。

そんな場合は保存先を変更しておきましょう。

BackWPup:保存先の変更

バックアップの保存先は「宛先: フォルダー」タブで変更できます。

「ファイルの削除」はバックアップの最大保持数です。

バックアップのスケジュールを設定

ここでは自動でバックアップを実行するためのスケジュールを設定します。

自動でバックアップを実行するための設定

予約投稿タブを開きます。

ジョブの開始方法WordPress の cronにチェックを入れましょう。バックアップの実行時間を設定できるようになります。

自動でバックアップを実行するためのスケジュールを設定

バックアップの実行時間は毎時から毎月の間隔で設定かのうです。バックアップするデータの重要度で使い分けることができます。

変更を保存する

設定後は変更を保存を押すのを忘れないでください。

これでバックアップスケジュールの作成が完了しました。後は設定した時間に自動でバックアップを取ってくれます。定期的にサーバーに保存されたバックアップをローカルに移しておくととでサーバーの故障時でも対応でき、さらに安全にサイトを運用できるでしょう。

手動でバックアップを実行する

自動ではなく手動で即座にバックアップを取りたいときがあります。テーマを編集するときやWordPressをアップデートするときです。

そんな場合に手動でバックアップを取る方法を解説します。

方法は作成したジョブを自分で実行するだけです。

手動でバックアップを実行する

作成したジョブはBackWPup > ジョブに表示されます。実行したいジョブの今すぐ実行を押すとその場でバックアップが実行されます。

最後に

BackWPupプラグインを使ったバックアップ方法を紹介しました。

バックアップは設定と準備が手間で大切と分かっていてもバックアップを取っていない人が多いのではないかと思います。

バックアップは一度設定してしまえばあとは自動なのでまだ設定していない人はこの記事を参考にぜひBackWPupを導入してみてはいかがでしょうか。