ブログ初心者・Web制作の情報サイト
ConoHa WINGのメリットと重大なデメリットの紹介

ConoHa WINGのメリットと重大なデメリットの紹介

ConoHa WINGの契約を考えている人にメリットとデメリットを紹介します。

メリットだけでなくデメリットを確認することも大切です。この記事ではConoHa WINGの重大なデメリットを載せているので必ず最後まで確認してください。

紹介するメリット・デメリットは実際にコノハウィングを使ったうえでの感想です。レンタルサーバーを比較する際の参考にしてください。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGのメリット
  • 料金が比較的安い
  • サイト表示が速い
  • サーバー契約時の手間を大幅に省いてくれる「WordPressかんたんセットアップ機能」
  • サーバー設定をWordPressの管理画面から行える
  • サイトの移行が簡単

料金が比較的安い

同じような多機能サーバーと比べるとConoHa WINGの料金は少し安めになっています。

この点はConoHa WINGをエックスサーバーロリポップと比較する際の差別点になります。

  • 信頼性が高くサポートも充実したサーバー -> エックスサーバー
  • 多機能かつ価格を抑えたい -> ConoHa WING
  • バックアップ復元無料を諦めてさらに価格を抑えたい -> ロリポップ

サイト表示が速い

サーバーの速さは誰もが気になる項目です。ConoHa WINGは速いのでしょうか?

実際にPageSpeed Insightsで測ってみました。測定はWordPress公式テーマのTwenty Twenty Oneを使用しています。

結果は98点。サーバー応答速度も160ミリ秒で十分高速です。他の高速サーバーと比べても遜色ありません

ConoHa WING:PageSpeed Insights

WordPressを始めやすい

ConoHa WINGはWordPressサイトを始めやすいレンタルサーバーです。

契約時に「WordPressかんたんセットアップ」を利用できます。WordPressかんたんセットアップはWordPressのインストールだけでなく、ドメイン設定・SSL設定も自動で行ってくれます。

WordPressかんたんセットアップ

ドメイン設定・SSL設定はWebサイトを始めるうえで初心者がつまずきやすい部分です。自動で行ってくれるWordPressかんたんセットアップをぜひ活用してください。

このようなクイックスタート機能は非常に便利です。

サーバー設定をWordPressの管理画面から行える

ConoHa WINGにはWordPressからサーバー設定を変更できる機能があります。他のサーバーにはないConoHa WING特有の機能です。

設定できるのはサーバーの一部機能(高速化設定・セキュリティ設定・Webフォント)です。

サーバー設定をWordPressの管理画面から行える

特にセキュリティの「Conoha WING WAF設定」をWordPress側で変更できるのは便利です。WAFのオンオフは初心者でも必ず触る機会が出てきます。サーバーにログインせずWordPress管理画面で変更できるのは予想以上に使いやすいです。

サイト移行が簡単

サイト移行が簡単かどうかは引越し機能が有るかどうかで変わります。

サイト移行機能があれば大幅に手間が減り、サイト移行しやすくなります。反対に機能が無いとサイト引越しの難易度は跳ね上がります。

ConoHa WINGにはWordPressかんたん移行という機能があります。設定を行うだけで自動でサイト移行してくれるのでConoHa WINGへの移行を考えている人にとって大きな助けになるでしょう。移行作業が心配な人でも比較的楽に移行できます。

ConoHa WING:WordPressかんたん移行

ConoHa WINGのデメリット

ConoHa WINGのデメリット

レンタルサーバーにはメリットだけでなくデメリットもあります。

デメリットの中には要注意な項目もあります。必ず目を通しておいてください。デメリットを知っておくとConoHa WINGを選ぶ際の重要な判断基準になります。

  • 特定のテーマで自動更新ができなくなる
  • WINGパックはお試し期間がない
  • 料金が割引きされている理由が分かりにくい
  • 月末に申し込みにくい
  • ConoHa WINGコントロールパネルのレスポンスはかなり悪い

特定のテーマで自動更新ができなくなる

特定のテーマで自動更新ができなくなる

ConoHaではインストールした特定テーマの自動更新ができなくなります。

自動更新ができないので手動でテーマをアップデートするしかありません。手間が大きいうえに初任者には難易度が高いです。

更に悪いことにテーマのアップデートに気付かなくなります。重要なバグ修正を見逃してしまうかもしれません。

この点はConoHaの大きなデメリットです。初心者の人は必ずこの事実を知っておいてください。

WINGパックはお試し期間がない

WINGパックはお試し期間がない

WINGパックは前払いです。WINGパックを利用した場合お試し期間はありません。料金は契約後すぐに引き落とされるので注意してください。

無料期間と書かれているのは無料の追加期間です。お試し期間ではありません。

WINGパックの方が料金的に優れているだけにお試しできないのは残念なところです。

WINGパックは無料期間中でも返金されない

料金が割引きされている理由が分かりにくい

料金の割引について。WINGパックは通常料金よりも20%ほど安くなります。

しかし説明が特にないのでなぜ割引きされているのか分かりません。サイト内をよく調べれば気づきますが非常に分かりにくいです。

キャンペーンで割り引かれているのか恒久的な割引なのか分からないのは判断する際のデメリットになります。明確に記載してほしいところです。

ユーザー目線で見たときなぜ割引きされているのか分からないと不安になります。よく「初回契約のみ○%割引」というキャンペーンを見ます。この場合1年目だけ割引が適用されて、2年目以降の契約料金が大きく増大してしまいます

月末に申し込みにくい

ConoHa WINGでは申し込んだ月内が無料期間になります。そのため月末に申し込むと無料期間がほとんどなくなってしまいます。

例えば、1日に申し込むと1か月の間無料期間になりますが、31日に申し込むとその日しか無料期間になりません。

ConoHa WINGに契約する際は申し込み日に注意してください。

コントロールパネルのレスポンスが悪い

実際に使ってみて分かったのですが、ConoHa WINGのコントロールパネル(サーバーの管理画面)はレスポンスが悪く使いにくいです。

セキュリティの関係かもしれませんが使ってみてストレスを感じるほど遅かったです。

コントロールパネルは頻繁に使用するのもではありません。初心者はほとんど使用しないかもしれません。しかし、レスポンスは良いに越したことはないのでデメリットとして挙げておきます。

レンタルサーバーはデメリットを見て選ぶべき

ConoHa WINGのメリット・デメリットについて紹介しました。サーバーの利点・欠点は比較する上で重要な情報です。

どうしてもメリットばかりを気にしがちですが、重要なのはデメリットの方です。契約後に後悔しないようにしっかりとサーバーのデメリットを知っておいてください。

ConoHa WINGのメリット・デメリットを把握し、レンタルサーバー選びの参考にしてください。

結局おすすめできるレンタルサーバーは2つだけだった。
複数のレンタルサーバーを調べて比較してみましたが私自身が納得して他人にもおすすめできるレンタルサーバーは2つだけでした。エックスサーバーとロリポップです。この記事では2社の比較とその他のレンタルサーバーの評価を紹介します。