ブログ初心者・Web制作の情報サイト
クラウド型レンタルサーバーをおすすめしない理由

クラウド型レンタルサーバーをおすすめしない理由

クラウド型レンタルサーバーという言葉を知っているでしょうか?

ここ数年で登場した新しいタイプのレンタルサーバーで気になる人もいると思います。

しかし個人的にはあまりおすすめできません。この記事ではクラウド型レンタルサーバーがおすすめできない理由を説明していきます。

まえがき

最初に言っておくと、この記事はクラウド型レンタルサーバーを蔑んでいるわけでも、批判しているわけでもありません。私自身がクラウド型レンタルサーバーに恨みがあるわけでもありません。

そのうえでクラウド型レンタルサーバーはおすすめできないと言います。

なぜか?

それはクラウド型レンタルサーバーの性質にあります。

クラウド型レンタルサーバーとは

クラウド型レンタルサーバーと似た言葉として「クラウドサーバー」がありますが別物です。この記事で言及しているのはクラウド型レンタルサーバーです。

クラウド型? 何それ凄そう??

クラウド型レンタルサーバーという言葉を初めて聞いた人は興味をひかれるかもしれません。

私自身とても興味も持ちました。新しいものはそれだけで魅力的です。

クラウド型レンタルサーバーは共有サーバー(レンタルサーバー)の1種です。CPUやメモリといったサーバーのリソースがユーザーごとに決まった分割り当てられており拡張が簡単という特徴があります。

クラウド型レンタルサーバーの特徴

  • クラウドサーバーと同じようにリソースを自由に配分できる
  • CPUやメモリが決まった値分ユーザーに割り振られる
  • 他のユーザーの影響を受けにくい
  • クラウド型レンタルサーバーは事業が始めやすい

メリットが多く一見とても凄そうに見えまよね。

しかしちょっと待って欲しい。

クラウド型レンタルサーバーは新規会社が多い

クラウド型レンタルサーバーは事業が始めやすいという特徴があります。

サーバーそのものを購入する必要がなく、サーバーを管理するソフトウェアも最初から準備されます。そのため事業を始めるための初期投資が少なく、比較的低リスクで事業を開始できます。

実際、クラウド型レンタルサーバーを提供する企業は規模の小さな新規会社が多いです。これがおすすめできない主な理由です。

結局のところ、クラウド型レンタルサーバーは「クラウドサーバーを利用したレンタルサーバービジネス」なのではないかと思います。借りたものをさらに貸している感じです。

クラウド型レンタルサーバーをおすすめしない理由

クラウド型レンタルサーバーをおすすめしない理由。それは「規模の小さな新規会社が多い」から。

  1. クラウド型のサーバーは小規模の会社でも事業を始めやすい
  2. 新しく運用年数の短い企業が多い
  3. ノウハウの不足
  4. 細かな点で老舗サーバーにかなわない

①クラウド型レンタルサーバーは事業が始めやすい -> ②新規企業が多くなる -> ③老舗サーバーに比べノウハウが少ない -> ④その結果細かな点で老舗サーバーにかなわない

これがクラウド型レンタルサーバーをおすすめしない理由になります。

ユーザー視点で見た場合、新規会社よりも運用年数の長い老舗サーバーを使う方が、使いやすさ・安定性・サポート・セキュリティなど多くの面で有益です。

ノウハウ不足で一番怖いのはセキュリティ

ノウハウ不足で一番怖いのはセキュリティの問題です。

攻撃されるまで怖さは分かりません。PCやスマートフォンのウィルスを想像してください。普段はまったく気にしていないはずです。

しかし一度攻撃されるとその怖さが分かります。大手サーバーも過去にハッキング被害に遭っていたりします。そしてサーバーのセキュリティ強化につながるわです。

もちろんどのサーバーでも最低限必要なセキュリティは用意してあります。WAFや無料SSLは、ほぼすべてのサーバーでも利用可能です。そのうえで海外スパム対策やログイン回数制限等のセキュリティ機能を準備するかどうかはサーバー運営会社のセキュリティ意識次第なのです。

どのサーバーがクラウド型?

じゃあどの会社がクラウド型なの? クラウド型はやめておこう。と思うかもしれません。

しかし私が言いたいのはそうではありません。

クラウド型レンタルサーバーがダメなのではなく、

新しいサーバー会社はまだノウハウが不足して老舗と比べると細かな部分へ配慮が欠けている、もしくはサービスが未整備ということを指摘しています。

電話サポートはその大きな例です。初期ドメインがなく自分で取得しなければいけないサーバーもあります。これらは初心者には全くおすすめできません。確実につまずきます。

この記事は特定の企業を批判する目的で書いているわけではありません。そのため、この記事ではどの会社が新規でどの会社が老舗かは説明しません。

確認したい場合はサーバー会社の運用年数を参考に自分で判断してください。

クラウド型レンタルサーバーはこれからに期待

勘違いしないで欲しいのは、

クラウド型レンタルサーバー => 悪ではない

ということです。 クラウド型レンタルサーバーが悪いとかそういうことを言っているのではありません。

もしかすると今後は、クラウド型が一般的になる可能性もゼロではありません。クラウド型レンタルサーバーはこれからに期待です。

最後に

もう一度言いますが、

この記事はクラウド型レンタルサーバーを蔑んでいるわけでも、批判しているわけでもありません。もちろん私自身クラウド型サーバーに恨みはないです。

そう書いたところで内容が批判的なことに変わりないのですが。

しかし、私はクラウド型レンタルサーバーを使ったうえでの率直な感想を書いています。他にもっといいサーバーがあるよと。

自分が思ったことは他人も思うはずです。あくまでユーザー目線ですが、サーバー選びで失敗したくない人にとって有益な情報になるのではないかと思っています。

最も言いたいこと:レンタルサーバーは運用年数と実績が大切。