ブログ初心者・Web制作の情報サイト
レンタルサーバー選びで絶対に確認すべき項目

レンタルサーバー選びで絶対に確認すべき項目

レンタルサーバーを選ぶ際に確認するべき項目は非常にたくさんあります。初心者の人は何をどんな基準で判断すればいいか分からないでしょう。

この記事ではレンタルサーバーを選ぶ上で確認するべき項目をまとめています。サーバー選びで失敗しないように重要事項を把握しておいてください。

面倒な人は絶対に確認すべき項目だけ読んでください。

サーバー選びで絶対に確認すべき項目

サーバー選びで必ず確認するべき項目です。重要度:大

  • 料金
  • WordPressが利用できるかどうか
  • 無料のお試し期間があるか
  • 自動バックアップがあるか・復元は無料か

おすすめサーバーだけ知りたい

料金

料金を確認しない人はいないでしょう。個人の場合、一般的な相場は月額500円~1000円です。

キャンペーンで上位プランが下位プランよりも安くなっている場合は注意が必要です。2回目以降の契約料金が大幅に増える可能性があります。

下位プランへの変更ができるかどうか確認し、安易なキャンペーンにつられないようにしてください。

WordPressが利用できるかどうか

ほとんどのサーバーはWordPressが利用できます。

しかしメール利用目的の格安のプラン等ではWordPressが利用できない場合もあります。格安プランを利用する場合は間違えないように。

無料のお試し期間があるか

お試し期間は無料でサーバーの使い勝手を確認できる重要な期間です。お試し期間はレンタルサーバーを運営する企業によっていくつか種類があります。

  1. お試し期間の日数分契約期間が延びる(ロリポップ)
  2. 料金を支払った時点でお試し期間が終了する(エックスサーバー)
  3. 契約月内が無料期間になる(CohoHa WING)
  4. 期間内は返金対応する(mixhost)

上記で注意すべきは3と4のタイプです。

特に3のConoHa WINGを利用する場合は要注意です。WINGパックではお試し期間はありません

4の「期間内は返金対応する」は実質的にはお試し期間ではありません。先払いで、返金はこちらから申し込まなければならず、タイミングによっては返金に時間がかかる場合もあります。

自動バックアップがあるか・復元は無料か

サーバーの自動バックアップ機能は超重要です。

自動バックアップを軽視する初心者は多いですが結構いろいろな理由でサイトは飛びます。何が起こるかは予想できません。

機器の故障・災害・ハッキング・操作ミス・編集ミスなど不測の事態に備えるには最低でも自動バックアップが必須になります。レンタルサーバーによってはリストア(復元)が有料の場合もあります。

  • 手動バックアップすれば大丈夫?
    手間が大きいうえに忘れます。
  • バックアッププラグインを使えば大丈夫?
    同じサーバー内にデータを置くので故障やハッキングに対して脆弱です。

確認したほうがいい項目

サーバーを選ぶ際に確認した方がいい項目です。重要度:中。

  • 電話サポートの有無
  • 利用できるデータベース数・ドメイン数
  • 初期ドメインが有るかどうか
  • 下位プランに変更できるかどうか
  • クイックスタート機能の有無

電話サポートの有無

電話サポートは実際に使うかどうかに関わらず、あれば信頼性につながります。小さなレンタルサーバー会社は電話サポートを用意していない場合が多いです。

電話サポートがないからダメかというとそんなことはありません。大抵はマニュアルかメールで解決します。また電話サポートがないことによるメリット(価格が安くなる)もあります。

そのうえで電話サポートがあった方が信頼できる企業なのは確かです。

個人的には使うかどうかに関わらず電話サポートのあるサーバーをおすすめします。電話サポートはユーザーの声を直接聞き、サービス改善に反映しやすいからです。

初期ドメインが有るかどうか

初期ドメインはレンタルサーバー側が契約時に用意してくれるドメインです。初期ドメインはサーバー会社が保有するドメインのサブドメインになっています。

例えば、○○.example.com

初期ドメインがないと以下のようなデメリットが発生します。

  • サイト用の独自ドメインとは別にサーバー用のドメインを用意する必要がある
  • 同一サーバー内に別サイトを作るときサブドメインになってしまう
  • そもそもデメリットを考慮しなければいけないのが面倒

初期ドメインがないと色々面倒なので初期ドメインが用意されたサーバーを選ぶことをおすすめします。

下位プランに変更できるかどうか

キャンペーンで割引された上位プランを選ぶ場合、必ず下位プランに変更できるかどうか確認してください。下位プランへ変更できないサーバーは結構多いです。

クイックスタート機能の有無

ここでいうクイックスタートとはサーバー契約時の、オプションを指します。ドメイン設定・WordPressのインストール・SSL設定等を契約と同時に自動で行ってくれるサービスのことです。

契約後の初期設定が必要なくなるので、初心者だけでなくすべての人におすすめできる機能です。

呼び方はクイックスタートやWordPressかんたんセットアップなど、サーバー会社によって異なります。

クイックスタート

利用できるデータベース数・ドメイン数

同サーバー内に複数のサイトを作りたいときに必要な項目です。

データベース数・ドメイン数は大抵のサーバーで十分な数が用意されています。格安プランを利用するときだけ気をつけてください。

サイト移転する際の確認項目

別サーバーに引っ越す際に確認するべき項目です。サイト移転しない人は飛ばしてください。

  • データベースの互換性があるかどうか
  • 簡単サイト引越し機能があるか

データベースの互換性があるかどうか

データベースとは主に記事データが保存されているファイルです。

サーバーによってデータベースの種類は異なります。サイト移転する際はデータベースを移行するのでデータベースの種類・互換性を確認してください。

現在使われている主なデータベースはMySQLとMariaDBの2種類です。この2種類はどちらからの移行でも互換性があります。

簡単サイト引越し機能があるか

サイト引っ越しは手動で行うと結構大変で知識も必要になります。

サイト移転を考えている人はぜひ簡単サイト引越し機能を利用してください。難しい知識は必要なし、時間もかからない。この機能がサーバーにあるかどうかでサイト引越しの難易度は大きく変わります。

項目が多すぎてよく分からない。調べるのが面倒。結局どのサーバーがいいの? ここまで読んだ人は当然そう思うでしょう。

おすすめサーバーを端的に紹介します。

万人に最もおすすめできるのはエックスサーバーです。エックスサーバーはこの記事で紹介した確認項目を一番高い水準で満たています。特に初心者がサイト作成を始めるのに最適なサーバーです。

もう一つはロリポップのハイスピードプランです。エックスサーバーとの大きな違いは料金。月額が安くコストパフォーマンスが高いので初期費用を抑えたい初心者におすすめです。