ブログ初心者・Web制作の情報サイト
軽量高速なアイコンフォント IcoMoonの使い方

軽量高速なアイコンフォント IcoMoonの使い方

この記事では軽量高速なアイコンフォント、IcoMoonの使い方について紹介します。

アイコンフォントには沢山のアイコンがありますが全部は使わないので無駄ですよね。IcoMoonは自分で使いたいアイコンだけをを選べるので無駄がありません。ファイルサイズもとても軽くなります。

IcoMoonを使いアイコンフォントのファイルサイズを軽量化しページの読み込み速度を改善しましょう。

IcoMoonの特徴

IcoMoon

大量のアイコンを用意されても全部は使わない。自分で使いたいアイコンだけを用意したほうが最適化できる。

IcoMoonではそんな考えのもとに作られたサイトで、使いたいアイコンだけを選び自分独自のカスタムフォントを作成することができます。

IcoMoonではアイコンリストから好きなアイコンを選択し、フォント作成することができます。

IcoMoon:アイコン選択

アイコンには有料と無料が有りますが無料の範囲でもかなり多くの種類があるため無料で十分使えます。

アイコンパックを追加すればさらに多くのアイコンが使用できます。

IcoMoon:Library

IcoMoon:アイコンパック Library

フォントダウンロード型のアイコンフォント

アイコンフォントにはサーバー上のフォントを読み込むタイプとフォントをダウンロードするタイプがあります。

IcoMoonは後者になります。IcoMoonのサーバーから直接読み込むこともできますが有料のサービスです。

IcoMoonでは使用したいアイコンだけを選ぶことができるのでフォントサイズを小さくできページ読み込みへの影響を小さく抑えることができます。

IcoMoonのライセンス

IcoMoonではアイコンパックごとにライセンスがあります。アップロードしたファイルを使う場合はライセンス要求は有りません。

IcoMoon:アイコンパック

デフォルトではIcoMoon – Freeのみが追加されています。

アイコンパックの主なライセンスの種類

カスタムフォントの作成

IcoMoonでは好きなアイコンを選択し、自分独自のカスタムフォントを作成することができます。

IcoMoonでフォントを作成する大まかな手順としては

  1. (オプション)アイコン・アイコンパックを追加
  2. アイコンを選択
  3. フォントを生成

これだけです。順に説明していきます。

アイコンパックを追加する

アイコンパックはデフォルトで IcoMoon – Free 入っているため追加しなくてもかまいません。使用しない場合は飛ばしてください。

他のアイコンを使いたい場合はアイコンパックを追加します。

Icon Libraryをクリックすると Library に移ります。

IcoMoon:アイコンパックを追加

add を押すとアイコンがエディタに追加されます。Purchaseと書かれたアイコンパックは有料になります。

IcoMoon:アイコンパック Library

アイコンパックによってライセンスが異なるため追加するときはライセンスの内容を確認してください。

アイコンフォント Feather

個人的におすすめなのはMITライセンスの Feather です。

アイコンを選ぶ

トップページ右上にあるIcoMoon Appをクリックすると IcoMoon app(エディタ画面)に移ります。

IcoMoon:エディタ

ここではアイコンの選択、削除、並び替え、編集ができます。基本的には選択だけで十分でしょう。

リスト上のアイコンをクリックすると選択されるので目的のアイコンを選びます。

IcoMoon:アイコン選択

フォントの生成

アイコンを選び終えた後、フォントを生成してダウンロードします。

画面右下に表示されているGenerate Fontをクリックします。

IcoMoon:フォント生成

画面右下のDownloadからダウンロードできます。なお Preferences(設定)からフォント名やクラスの接頭辞を変更できます。

IcoMoon:フォントダウンロード

Class Prefixで指定した文字列がアイコン使用時のクラス接頭辞になります。デフォルトでは Class Prefix が “icon” なのでクラス名は “icon-XXXX” のような名前になります。

IcoMoon:設定

アイコンをインポートする

IcoMoonでは手持ちのアイコンをインポートしてリストに追加したり以前のプロジェクトを読み込んで設定を引き継ぐことができます。

インポートする場合Import Iconsをクリックしアイコンファイルを選択します。

IcoMoon:アイコンインポート

インポート可能なファイルは以下の通りです。

  • SVGイメージ
  • SVGフォント
  • selection.json

selection.jsonはダウンロードしたフォントに入っているファイルでプロジェクトの内容が保存されています。

これはフォントの内容を修正したいときに便利で selection.jsonをインポートすることで以前の設定を呼び出し続きから再開できます。

アイコンフォントの使用方法

必要ファイル

フォントをダウンロードして解凍するといくつかファイルが出てきますが必要なのはfontsフォルダ(の中のフォント)とstyle.cssだけです。

demo.htmlはアイコンのクラス名を参照する為に使用します。

fontsには4種類(IE8サポートのチェックを外した場合は .eot以外の3種)のフォントが入っています。フォント名は Preferencesで設定した名前が付きます。

  • icomoon.eot
  • icomoon.svg
  • icomoon.tff
  • icomoon.woff

WordPressの場合、style.cssの名前を変更して fontsフォルダと共にテーマフォルダ内に入れます。

CSSの読み込み

アイコンフォントのCSSを読み込みます。style.cssを読み込んでください。

WordPressでは wp_enqueue_style() を使って読込ませる方法が一般的です。詳しくは以下の記事を参照してください。

アクションフックを使ってCSSやJavaScriptを読み込む方法【WordPress】
この記事ではアクションフックを使ったCSSやJavaScriptの読み込み方法を紹介します。HTMLに直接記述する方法はス推奨されません。wp_enqueue_script()とwp_enqueue_style()を使い登録の重複を避け正しく読み込みましょう。

フォントの使用

フォントの使用方法はインライン要素にアイコンフォントのクラスを追加する方法before や after 疑似要素の content にアイコンフォントの文字列を記述する方法の2通りがあります。

インライン要素にクラスを追加する方法

<div>
  <span class="icon-home"></span>
</div>

クラス名はダウンロードしたファイル内の demo.html で確認することができます。

IcoMoon クラス名

テキストを含む要素にIcoMoonのクラスを直接指定した場合、フォントが「font-family: ‘icomoon’ !important;」で上書きされてしまい正常にテキストが表示されない可能性があります。インライン要素などを使い個別にアイコン用の要素を用意しましょう。

疑似要素を使う方法

<div class="has-star"></div>
.has-star:before {
  content: '\910';
  font-family: 'icomoon';
}

この方法で使用する場合は疑似要素に「font-family: ‘icomoon’」を指定してください(ぼやける場合は font-weight: normal も追加)。 content に記述する文字列はダウンロードしたファイル内の demo.html で確認することができます。

IcoMoon アイコンの文字列

フォントが表示されないとき

よくある原因は以下の2種類です。

  1. テキストを含む要素にIcoMoonのクラスを直接指定している
  2. 疑似要素使用時に font-family: ‘icomoon’ の指定が抜けている

1の場合はフォントが font-family: ‘icomoon’ !important; で上書きされてしまいます。インライン要素を使いテキストを持つ要素とIcoMoonのクラスを分けます。

<div>
    <span class="icon-home"></span>
    <span>トップページ</span>
</div>

2の場合はアイコンフォントの指定が抜けているのでアイコンが正常に表示されません。疑似要素を使用した場合「font-family: ‘icomoon’」の指定を追加します。

.test-class:before {
    content: "追加したいアイコンフォントの文字列";
    font-family: 'icomoon';
    font-weight: normal
}

フォントの追加修正

フォントの追加や修正を行いたい場合はIcoMoon Appにselection.jsonファイルをインポートすることで続きから編集できるようになります。

selection.jsonはダウンロードしたファイルの中に入っています。

インポートの方法

ダウンロード画面ではクラス名を変更できます。覚えやすい名前を付けておくと使用時に忘れにくくなるかもしれません。また、アイコンを変更したときも画面上でクラス名を変更してアップロードするだけで変更が適用されます。

IcoMoon クラス名変更

カスタムフォントのメリット

独自のアイコンが使える

SVGファイルをアップロードすれば自分独自のフォントファイルを作成することができます。

使い方次第で自分のサイトを個性的に見せることができるかもしれません。

フォントファイルの読み込み時間削減

フォントファイルは数千ものフォントを含んでいる場合とてもサイズが大きくなり、Mb単位になる場合もあります。そしてサイズが大きくると通信速度に悪影響を与えます。

有線LAN接続のPCの場合は通信速度が速いためあまり問題になりませんが、モバイル通信では通信速度が大きく落ちてしまいます。

Googleサーチコンソールでの速度測定

PC

Googleサーチコンソールでの速度測定:PC

モバイル

Googleサーチコンソールでの速度測定:モバイル

モバイルはPCに比べ速度が大きく落ちていることが分かります。

  • フォントファイル容量:1Mb
  • 通信速度:8Mbps

上記の条件ではフォントファイルだけで1秒もの読み込み時間がかかってしまいます。(8Mbpsはモバイル通信ではそこそこ快適な速度です)

ページの読み込み速度はユーザーの直帰率に影響し、SEO面でも不利になるため改善すべき項目になります。

その他

とりあえずテストしたい

フォントがどのように表示されるかのテストしたいという場合は Quick Usage という機能が使用できます。

この機能はフォントをダウンロードせず、サーバー上のcssを読み込む Premium向けの機能ですが一般ユーザーでも24時間以内なら使用できます。

  1. IcoMoon App でアイコンを選択し、Generate Fontを押します。
  2. ダウンロード画面左上にあるEnable Quick Usageを押すと以下のようなcssのリンクが表示されるので、そのcssを読み込めばアイコンフォントをテストできるようになります。
<link rel="stylesheet" href="https://i.icomoon.io/public/temp/2c198*****/UntitledProject/style.css">

Premiumでない場合、リンクの有効時間は24時間です。あくまでテストとして使用してください。

フォントをCSSの中に組み込む

IcoMoonではフォントをCSSの中に組み込むことができます。

これは少ない数のフォントを使いたいときに有用で、フォントを組み込むとフォントのロードの失敗が起こらない、ロードするファイル数が減るなどの利点があります。

組み込み方法はPreferencesでEncode & embed font in CSSにチェックを入れるのですが見ての通り Premium限定です。興味のある方は試してみてください。

IcoMoon:設定 Preferences

軽量なアイコンフォント

この記事ではIcoMoonの使い方と導入方法について紹介しました。

IcoMoonは軽量なアイコンフォントを作成したいときにとても便利です。使いもしない大量のフォントをダウンロードするのが嫌な人、少しでもページの読込み速度を改善したい人はIcoMoonを試してみてはいかがでしょうか。