ブログ初心者・Web制作の情報サイト
ロリポップのハイスピードプランレビュー・評判が良く速いプランです。

ロリポップのハイスピードプランレビュー・評判が良く速いプランです。

ロリポップのハイスピードプランは高速かつ料金の安い高コスパなレンタルサーバーです。

もしスタンダードとハイスピードでどちらがいいか迷っているならハイスピードを強くおすすめします。料金の差はそれほどありません。

この記事では実際にロリポップのハイスピードプランを数か月間使ったレビューを紹介します。ハイスピードとスタンダードの違いも解説しているので、ロリポップでWordPressを始めようと思っている人は参考にしてください。

ハイスピードプランの評判

ハイスピードプランの評判

レンタルサーバーのロリポップにはどういったイメージがあるでしょうか?

安い・赤い・個人向けレンタルサーバー。人それぞれだと思いますが、ロリポップが速いというイメージはあまりないと思います。逆にロリポップのこと遅いと思っていませんか?

私は以前ロリポップは遅いサーバーだと思っていました。安いから遅いのかと。

しかし古い情報をうのみにしてはいけません。実際に使ってみるとロリポップのハイスピードプランはとても速くて快適なプランでした

表示速度が安定しているのでサイトのレスポンスが良くページ遷移が高速です。ストレスなくサイトを閲覧できます。そして何よりも料金が安いです。

爆速宣言で速くなったロリポップ

ロリポップは「ロリポップ! 爆速宣言」でサーバー環境が大きく改善されました。

ロリポップ爆速宣言!

ロリポップ爆速宣言! でハイスピードプランが追加されました。ハイスピードはその名の通り速度を求めて作られた新プランです。

2020年の第二弾ではサーバースペックが大幅に強化され、値段も半額に変更されています。

項目ハイスピード新ハイスピード
初期費用3,300円0円
1・3か月契約1,320円/月1,100円/月
6・12か月契約1,100円/月825円/月
24か月契約1,100円/月693円/月
36か月契約1,100円/月550円/月

ロリポップ爆速宣言! のインパクトは非常に大きく、36カ月契約にするとスタンダードプランと料金が同じになります。

ハイスピードプランはサーバースペックで見ると他会社の月1100円程のプランと同等です。それが最大半額で利用できるのは非常におトクです。

私はこの価格変更が行われてからハイスピードプランがとても気になっていました。実際に使ってみると速度・安定性共に十分高く非常に快適なプランでした

ハイスピードプランレビュー

以前から気になっていたロリポップのハイスピードプランを数か月使ってみたので使い勝手をレビューします。ロリポップと言えば以前はスタンダードが人気でしたが、今ではハイスピードプランです。

ハイスピードプランの特徴は速さと安さ。コストパフォーマンス最高です。

ハイスピードプラン

ハイスピードプランは料金が安い

料金が安い

ロリポップのプランの中ではハイスピードプランだけ初期費用が無料になっています。

項目スタンダードハイスピード
初期費用1,650円0円
1・3か月契約660円/月1,100円/月
6・12か月契約550円/月825円/月
24か月契約550円/月693円/月
36か月契約550円/月550円/月

スタンダードかハイスピードかで迷っている人はハイスピードを選びましょう。価格差はそれほどありません

12か月で新規契約した場合、ハイスピードプランが9900円、スタンダードプランが8250円です。その差は1650円。たったこれだけの差です。

スタンダードよりもハイスピードの方がサイト表示が速い・安定性も高い・自動バックアップがある等、満足度が高いのでおすすめです。

ハイスピードプランとスタンダードプラン比較

LiteSpeed

ハイスピードとスタンダードで大きく異なるのはサーバーソフトウェアの種類です。ハイスピードではLiteSpeed、スタンダードではApacheが使われています。LiteSpeedの方が高速です

項目LiteSpeed版モジュール版CGI版
実行プロセスLiteSpeedのプロセスApacheのプロセスPHPのプロセス
レスポンス最高速高速低速
提供プランハイスピード、エンタープライズライト、スタンダードエコノミー、ライト

ハイスピードがスタンダードよりも優れている点は次の通りです。価格が同等なので、ハイスピードプランの方が圧倒的に優れています。

  • より高速で安定性の高いLiteSpeedを使用できる
  • データの自動バックアップ機能がある(超重要)
  • CPUやメモリなどサーバースペックはハイスピードの方が上
  • サイトのレスポンスが速い(実際にスタンダードからハイスピードへ移行するとサイト表示が速くなったのを体感できる)

ハイスピードプランとスタンダードプランの速さ比較

スタンダードプランからハイスピードプランに変更するとサイト表示速度が速くなりました。

特にサーバー応答速度が速くなりページ遷移時のレスポンスが改善しています

効果はGoogle Search Consoleのデータではっきりと確認できます。

ハイスピードプランとスタンダードプランの速さ比較

ハイスピードプランはスタンダードに比べて30%ほどサーバー応答速度が速くなっています。上下幅も小さくなり安定性が増しているのが分かります。

他サーバーのプランと比べても速い

速い

主観的な比較になりますが、ロリポップのハイスピードプランは他サーバー会社の1000円程のプランと同等以上の性能があります。

特に24時間有人監視しているロリポップの安定性は非常に高く、1日を通してアクセス速度が安定しています。混雑時に遅くなることがありません。

ロリポップは安いから遅いと思っている人は考えを改めてください。他サーバーと同等以上の性能を半額で利用できるコストパフォーマンスが高いサーバーです。

ハイスピードプランのデメリット

デメリット

ハイスピードプランには自動バックアップはありますが復元は有料です。

ロリポップのバックアップについて

この点はハイスピードのデメリットですがスタンダードでは自動バックアップ自体がありません。

初心者は軽視しがちですが、サーバーの自動バックアップは非常に重要な機能です。ハイスピードプランを選ぶ価値は大きいです。

もう一つ地味な内容ですが、ハイスピードプラン以上では仕様上、サーバーのWAF検知ログを参照できません。あまり重要ではないので初心者の人は気にしなく大丈夫です。

ハイスピードプランを使用した感想

実際に使ってみてロリポップのハイスピードはとても満足できるプランでした。

コストパフォーマンス良好で使い勝手が良くサポート体制も整っています。

サイトのレスポンスは高速でとても快適です。負荷に強いLiteSpeedサーバーや有人監視のおかげで1日を通してサイト表示が安定しており、混雑時間帯に重くなることがほとんどありません。

スタンダードプランと比べた場合、自動バックアップがあるのが大きなメリットです。

サポートへの問い合わせは1日足らずで丁寧な返事が返ってきました。

管理画面が使いやすく電話サポートもあるので初心者にもおすすめできます。サイトの引越しも簡単です。使用してみてとても好印象なプランでした。

ハイスピードはとても快適なプランです。ロリポップでWordPressを始めようと思っている人にぜひ使って欲しいです。

ハイスピードまとめ

ロリポップのハイスピードプランを数か月間使ったレビューを紹介しました。ハイスピードは評判の良いプランです。以下ではハイスピードの特徴まとめています。

ハイスピードプランの特徴まとめ

  • ハイスピードは評判の良いプラン
  • 非常に快適で安定性も高い
  • 高機能かつコストパフォーマンス良好
  • サポートの対応良好
  • デメリットはバックアップの復元が有料なことだけ
  • スタンダードよりもハイスピードが圧倒的におすすめ
  • WordPressの入門にGOOD

ロリポップのハイスピードプランは遅くありません。非常に快適です。

そしてなりよりコストパフォーマンスが良すぎます。ロリポップのハイスピードプランはコストと性能を重視する人にとって最高の選択肢になります

ロリポップには10日間のお試し期間があるのでハイスピードが気になる人は実際に使ってみてください。

ロリポップでWordPressを始める全手順
この記事ではロリポップでWordPressを始める手順を紹介します。この記事を読めばロリポップの契約からWordPressサイト作成まですべて完了します。ロリポップで新しくサイトを作成を始めてみたい人は参考にしてください。