ブログ初心者・Web制作の情報サイト
mixhostでWordPressを新規インストールする方法

mixhostでWordPressを新規インストールする方法

この記事ではmixhostでサーバーを契約した後、WordPressを個別にインストールする方法を紹介します。

個別にインストールすれば指定したディレクトリにWordPressをインストールできるのでサーバーのファイルを綺麗に管理することができます。特に複数サイトを作る際に役立つでしょう。

WordPressは後から個別にインストールすることをおすすめします。手順はとても簡単なのでクイックスタートにも便利です。

WordPressの新規インストール

cPanelにログインします。

WordPressをインストールするにはSOFTACULOUS APPS INSTALLER > WordPress をクリックします。

SOFTACULOUS APPS INSTALLER > WordPress

インストール横の三角をクリックしてQuick InstallCustom Installのどちらかを選んでください。どちらを選んだかによって次に説明する設定項目の数が変化します。

初心者の人や素早くインストールしたい人はQuick Installを選べばいいでしょう。

SOFTACULOUS:WordPressの新規インストール

設定画面が表示されるので各種設定を行います。

WordPressのインストール設定

インストールのための各種設定を行います。Quick Installを選んだ場合はない項目もあります。

ソフトウェアセットアップ

ソフトウェアセットアップ

インストールするバージョンの選択
最新バージョンを選択すればOKです。

Choose Installation URL
インストール先のURLを選択します。
プロトコル・ドメイン・ディレクトリに分かれています。一般的にはプロトコルはhttps:// ディレクトリは空欄のままにします。ドメインは取得した任意のドメインを入力してください。

インストール先URLの例

https://mysite.com

ディレクトリを入力すれば、ドメイン直下以外にWordPressをインストールできますが少しイレギュラーな方法なので初心者にはおすすめしません。

サイト設定

サイト設定

サイト名
インストールするサイトの名称です。トップページに表示されるサイト名に使用されます。サイト名は後から変更可能です。

サイト説明
サイトのキャッチフレーズです。テーマによってはサイト名と共に表示されます。キャッチフレーズは後から変更可能です。

マルチサイトを有効にする(WPMU)
WordPressをマルチサイト化します。WordPressのマルチサイトを理解している人だけチェックしましょう。必要でない場合はチェックしてはいけません。

初心者の場合もチェックしないようにしましょう。

管理者アカウント

管理者アカウント

Admin Username
WordPressにログインするためのユーザー名です。後から変更は可能ですが手順が面倒なので登録時にしっかりと決めておきましょう。

Admin Password
WordPressにログインするためのパスワードです。後から変更可能です。

大切なサイトを守るためにも強力なパスワードを設定してください。パスワードの使い回しは論外です。パスワードの管理が面倒な場合はパスワードマネージャーの使用をおすすめします。

管理者Eメール
管理用のメールアドレスを設定します。後から変更可能です。

言語の選択・プラグイン

言語の選択・プラグイン

この項目は特に変更する必要はありません。プラグインに関してもWordPressからインストールできるのでここで設定する必要はありません。

アドバンスドオプション

細かなオプション項目です。初心者の人は気にせずに飛ばしてください。

データベース名
WordPressのインストール時に新しいデータベースが作成されます。名称を入力してください。

テーブルプレフィックス
テーブル名の前に付くプレフィックスを設定します。

アップデート通知を無効にする
WordPressの新バージョンについての情報をメールで受け取るかどうか。

自動アップグレード
インストール時にWordPressの最新バージョンがある場合はアップグレードする設定。

  • Do not Auto Upgrade
    アップグレードしない。
  • Upgrade to Minor versions only
    マイナーアップグレードのみ行う。マイナーとは3つ目の数字以下のバージョン変更(例 5.5.1 -> 5.5.3)。
  • Upgrade to any latest version available (Major as well as Minor)
    アップグレードを行う。

Auto Upgrade WordPress Plugins
Auto Upgrade WordPress Themes
インストール時にWordPressのプラグインやテーマをアップグレードするかどうか。

Backup Location
インストール中に使用するバックアップの場所。

自動バックアップ
サーバーのcronを設定して自動でバックアップを取る機能。mixhostではデフォルトでバックアップ機能が設定されているので追加のバックアップは必要ありません。

バックアップ・ローテーション
バックアップの保持数

テーマの選択

テーマは設定しなくてもデフォルトテーマが使用されます。テーマは後から追加できるのでここで行う必要はないです。選択できるテーマも限られています。

WordPressのインストールを実行する

インストールをクリックするとWordPressのインストールが開始されます。

インストールは1分もかからずに完了します。

インストールするディレクトリにファイルが残っていると上書きを求められます。上書きに同意してインストールしてください。

WordPressにログインする

WordPressのインストール後は管理画面にアクセスしてみましょう。

下記URLにアクセスしてください。

WordPressへのログイン

https://ドメイン名/wp-login.php
WordPressの管理画面にアクセスする

インストール時に設定したユーザー名とパスワードを入力してログインを押すと管理画面にアクセスできます。

WordPress管理画面

最後に

mixhostでサーバーを契約した後、WordPressを個別にインストールする方法を紹介しました。

個別にインストールすれば指定したディレクトリにWordPressをインストールできるのでサーバーのファイルを綺麗に管理することができます。特に複数サイトを作るときに役立つでしょう。