ブログ初心者・Web制作の情報サイト
WordPressにログインできない!【解決法の紹介】

WordPressにログインできない!【解決法の紹介】

エラーが起こってログインできなくなった、いつもと違うログイン画面が表示される、パスワードとメールアドレスを忘れてしまった。

このような状況に陥って困っていませんか?

WordPressでは様々な理由でログインできない問題が発生します。

この記事ではWordPressにログインできなくなったときの解決法を紹介します。WordPressにログインできずに困っている人は参考にしてください。

まずはキャッシュを削除する

ブラウザがサイトのキャッシュを持っていると変更が反映されないことがあります。

対策を行う前にブラウザキャッシュを削除してください。余計なトラブルを防ぐことができます。

下記アドレスでキャッシュ削除の設定画面にアクセスできます。

//Chrome
chrome://settings/clearBrowserData

//Microsoft Edge
edge://settings/clearBrowserData
ブラウザキャッシュの削除

Cookieとキャッシュの両方を削除すればOKです。

URLを変更してログインできなくなったとき

WordPressのURLを変更してサイトにアクセスできなくなっても簡単に元に戻せます

まずは落ち着いて状況を確認してください。

  • WordPressの一般設定でWordPress アドレスまたはサイトアドレスを変更した。
  • URL変更後、サイトにアクセスできなくなり404エラーが表示される。
URLを変更してログインできなくなったとき

上記内容に当てはまっているでしょうか?

同じ状況なら下記の方法で修正してください。

WordPressのサイトアドレスを修正する

wp-config.phpを編集してWordPressのアドレスを書き換える方法です。

wp-config.phpの編集にはFTPソフトまたはサーバーのFTP機能(ファイルマネージャ)を使用します。

wp-config.phpはWordPressをインストールしているディレクトリの直下にあります。

wp-config.phpの場所

下記コードをwp-config.phpの一番下に追加してください。

//WordPressアドレス修正
update_option( 'siteurl', 'http://*****.com' );
//サイトアドレス修正
update_option( 'home', 'http://*****.com' );

*****.comにはサイトのドメイン名を入れてください。SSL化している場合はhttpsです。

追加場所はwp-config.phpの一番下(reqire_once(‘ABSPATH’, ‘wp-settings.php’);よりも下)です。別の場所に追加するとFatal Errorが発生するので注意してください。

WordPressのサイトアドレスを修正する
wp-config.php

Q. これは何をしている?

A. WordPressの一般設定で変更したURLを書き換えて元に戻しています。コードが読み込まれたときにURLが上書きされるので1度読込めばOKです。

コードを読み込む

上記コードを追加後に、WordPressのログイン画面にアクセスしてください。

//WordPressのログイン画面
http://*****/wp-login.php

ログイン画面が表示されれば完了です。

うまくいかないときはキャッシュ削除と合わせて何回かリロードしてください。

WordPressへのログイン

管理画面にログインしてサイトアドレスを確認してみてください。元に戻っているはずです。

追加したコードは以後邪魔になるので削除推奨。

サイト移行後にログインできないとき

サーバー移転後にはログインできなくなるエラーがよく起こります。ここではその対処法を紹介します。

SSL化されていないURLにhttpsでアクセスしている

サイト移転した後、httpsでアクセスしようとするとログインできないことがあります。

SSL設定が完了するまでは「この接続ではプライバシーが保護されません。」というページが表示されてログインできません。

この接続ではプライバシーが保護されません。

SSL化の反映には時間がかかります。一旦httpでアクセスするか、少し時間をおいてからもう一度アクセスしてみてください。

もしWordPress側のURLをhttpsで設定してhttpでログインできなくなったときは、上記のWordPressアドレスを修正する方法を試してください。

ネームサーバーの反映待ち

ネームサーバー変更後は反映までに時間がかかります。

変更されたように見えても、まだ不安定な場合があります。この状態ではサイトにアクセスできたりできなかったりします。

一般的にネームサーバーが完全に反映されるには1~3日必要。

ネームサーバーが完全に反映されるまでは元サイトへの誤アクセスに注意です。

サイト移行した後は元サイトを削除する

サーバー移転した後は元サイトを削除しておきましょう。削除が嫌なときはせめてアクセスできないように設定しておくべきです。

ネームサーバー変更後はネット上で浸透するまで時間がかかります。この間、移行元サイトにアクセスが向くことがあります。

移行先サイトにアクセスしたら、移行元サイトだった。

このような失敗が高確率で起こります。

私は以前、サイト移行後に元サイトで記事を作成していたことがあります。

この問題の怖いところは、URL・見た目共に同じで全く区別できないところです。元サイトにアクセスしていても気がつきません。

ログインできない原因にもなるので、サイト移行後は元サイトを消しておいてください。

メールアドレスを忘れてログインできない

パスワードとメールアドレスの両方を忘れてWordPressにログインできなくなったとき。

これは少し面倒です。

自分で復旧するにはデータベースからメールアドレスを確認しなければいけません。

サーバーの管理画面からデータベースにアクセスして、該当部分見つけるのですが、初心者には少し難しいです。自分で行う前にまずはサーバーサポートに連絡してみてください。

自分でデータベースを確認できる人

データベースの扱いに慣れている人はデータベースにアクセスしてwp_usersテーブルを確認してください。メールアドレスやユーザー名が記載されています。

なおパスワードは暗号化されているので参照できません。忘れた場合はログイン画面からパスワードを再設定してください。

wp_usersテーブルにはユーザーデータが格納されている

データベースへのアクセス方法

サーバー契約した直後はログインできない

WordPressにログインできなくなったときの対処法を紹介しました。

その他の状況として、サーバー契約した直後の場合にログインできないことがあります。

サーバーによっては契約後のセットアップに時間がかかる場合があります(エックスサーバーなど)。

この間にサイトにアクセスしても403または404エラーが表示されるだけです。セットアップにはそれほど時間はかからないので10分~15分程待ってみてください。