ブログ初心者・Web制作の情報サイト
functions.phpの編集方法と注意点 – WordPress

functions.phpの編集方法と注意点 – WordPress

WordPressのカスタマイズ記事を読んでいるとfunctions.phpという単語を目にすることがあると思います。

functions.phpとはWordPressテーマ内のファイルの一つです。

この記事ではfunctions.phpの編集方法と初心者が編集時に注意すべき項目について解説します。突然画面が真っ白になって焦らないように事前に注意点を知っておきましょう。

サイトが表示されなくなる

編集ミスによってfunctions.php内でエラーが起こると画面が真っ白になります。

解説サイトでは特に説明なく「下記コードをfunctions.phpに追加してください」といったようにfunctions.phpを編集する内容が書かれていることがよくあります。

これらの記事は初心者を対象としていない場合が多いです。

対処方法を知らない初心者が編集エラーを起こすとパニックになりやすいです。画面と頭の中と売り上げが同時に真っ白になってしまいます。

エラーが起こった画面
画面が真っ白になったとき

上のようにならないためにも、初心者の方はfunctions.phpを編集する前に注意点とエラーが起こったときの対処法を事前に把握しておきましょう。

WordPressでfuntions.phpを編集する

functions.phpを編集すること自体は難しくありません。

WordPressの管理画面左側のメニューで外観 > テーマエディターを選択しテーマエディターを開きます。

右側にテーマ内のファイルが表示されるので、functions.phpを選んでください。これでfunctions.phpを編集できます。

簡単にテーマファイルを編集でき初心者にも使いやすい機能なのですが、この方法はおおすすめしません

WordPress上で編集する問題点

WordPressからfuntions.phpを編集してエラーが起こった場合、編集画面すら表示されなくなります。つまりこの方法で元に戻せません。

他の編集方法を知らないと復旧できず非常に困ったことになるので、初心者には全くおすすめできない方法です。

functions.phpなどのテーマファイルを編集する際は次で説明するFTPソフトを利用しましょう。より安全にファイルを編集できます。

FTPソフトを使ってfunctions.phpを編集する

functions.phpを編集する場合はFTPソフトを使用しましょう。

FTPソフトとはサーバー上のファイルにアクセスするためのソフトウェアです。FTPソフトを使ってファイルを開き編集できるようになります。

FTPソフトはWordPressのテーマを編集する際は必須と言っていいほど重要なソフトウェアです。編集ミスで画面が真っ白になってもFTPからファイルにアクセスできます。

functions.phpをカスタマイズしていると編集ミスはいつか必ず起こるのでFTPソフトは早めに導入しておきましょう。

WordPressでFTPソフトを使う方法紹介
WordPressを使っていてサーバーにファイルをアップロードするとき、エラー修正を行うときにFTPを使用します。この記事ではブログ初心者の人に向けてFTPの概要と使い方・FTPソフトを使わない代替方法を紹介します。

FileZillaを使う

FileZillaは無料のダウンロード型FTPソフトです。最も人気のあるFTPソフトの1つで、使い方も難しくありません。

以下の記事ではFileZillaの使い方と設定方法を紹介しているので参考にしてください。

FTPソフトFileZillaの使い方と初期設定方法【初心者向け】
WordPressを使っているとテーマのカスタマイズやエラー対処のためにサーバー上のファイルにアクセスしたい場合があるでしょう。この記事ではFTPソフトFileZillaのインストール方法・使い方・初期設定について紹介します。

サーバーのファイルマネージャを利用する

ほとんどのレンタルサーバーにはサーバー上のファイルを操作するファイルマネージャの機能があります。

FTPソフトの導入が面倒という人はサーバーのファイルマネージャの存在だけでも知っておくと問題が起こったときに対処しやすくなりますよ。

FTPソフト導入の必要なし・サーバーのファイルマネージャを利用する方法

functions.phpの場所

functions.phpはドメインのルート(WordPressがインストールされている場所)から見て以下の階層に置かれています。

/wp-content/themes/子テーマ名/functions.php

編集するのは子テーマ内のfunctions.phpです。親テーマ内のfunctions.phpを編集してもアップデート時に消てしまいます。

WordPressがインストールされている場所には次のようなファイルが存在するので探す際の参考にしてください。

WordPressのルート

画面が真っ白になったときの対処法

WordPressでfunctions.phpを編集する方法と初心者が注意すべき項目について解説しました。

FTPソフトを使うこと自体が対処法です。画面が真っ白になってもFTPソフトを使っていればファイルにアクセスできるので復旧は簡単です。

編集した箇所をもとに戻せばWordPressの画面も元通りになります。

編集前にファイルのバックアップを取っておけばさらに安全に編集できるでしょう。

突然画面が真っ白になって焦らないためにも事前に注意点を知っておいてください。