ブログ初心者・Web制作の情報サイト
WP Multibyte Patchは必須ではない【必要性と機能】

WP Multibyte Patchは必須ではない【必要性と機能】

WP Multibyte Patchは必要?不要? と疑問に思っている人へ。WP Multibyte Patchは必須ではありません。

WP Multibyte Patchを入れないとサイトが動かないわけではありません。不具合修正というよりも、マルチバイトの機能性を拡張するプラグインです。

必要かどうかは人によりますがなくても困りません。この記事ではWP Multibyte Patchの必要性と機能を解説します。

WP Multibyte Patchの主な機能

WP Multibyte Patch

WP Multibyte PatchはWordPressの日本語(マルチバイト文字列)の扱いを改善するプラグインです。

WP Multibyte Patchには様々な機能がありますがユーザーが意識するのは次の3つだけです。

  • 投稿抜粋機能の拡張
  • 検索時の全角スペースの扱いを変更する
  • アップロードファイルの日本語名を変換する

どの機能もサイト運営に必須ではありません。あくまで機能拡張です。

投稿抜粋機能の拡張

WordPressには記事から説明文を取得して表示する「抜粋」という機能があります。

WP Multibyte Patchはこの抜粋を拡張します。

  • 抜粋の最大文字数を設定できる(デフォルトは110文字)
  • […] の文字を変更できる
デフォルトでは110文字抜粋される

WP Multibyte Patchを入れていないと抜粋の機能がうまく動作しないという情報をよく見ますが、現在のWordPress(バージョン5.7)では特に不具合は起こっていません。

WordPress Codexには次のような注釈がありますがおそらく過去の情報です。

(注) 日本語のように語句の間を半角スペースで区切らない言語では「55単語」を判定できないため、抜粋できずに本文のほとんどが出力されてしまうことがあります。

テンプレートタグ/get the excerpt – WordPress Codex

現在ではWP Multibyte Patchなしでも正常に110文字取得できます

検索時の全角スペースの扱いを変更する

WordPressでは複数単語で検索をかけるときに全角スペースで区切るとうまく検索できません。

例えば「ワードプレス」と「プラグイン」の両方の単語を含む記事を検索したいとき、全角スペースを間に入れると「ワードプレス プラグイン」という1つの単語として検索されてしまいます。

これは本来の意図ではありません。

全角スペースを入れると検索できない

WP Multibyte Patchは全角スペースを区切り文字に変換して正常に検索できるようにします。

アップロードファイルの日本語名を変換する

日本語名のファイルがアップロードされたときに英数字に変換して無害化する機能です。

マルチバイトによる意図しない不具合を防ぐことができます。

WP Multibyte Patchは日本語名を「b0f1c5a480f416234a803b35d9932c57.jpg」のような名称に変換します。

日本語名ファイルは変換される

この機能は逆に名前が見にくくなるので注意が必要です。

その他の機能

WP Multibyte Patchのその他の機能です。それほど気にする必要はありません。

  • 送信メールのエンコーディング設定
  • ピンバック・トラックバック修正
  • BUDDYPRESSの抜粋関数修正

日本語のトラックバックは文章が少し変ですが特に困りません。

WP Multibyte Patch – EastCoder

WP Multibyte Patchは必要なのか?

WP Multibyte Patchの必要性はそれほど高くありません。必須ではないです。

ただし全く不要というわけではありません。以下に該当する人には使用価値があります。

  • 検索機能を重要視する人
  • 普段からファイル名に日本語を使っている人
  • 過去のWordPressを使っている人
  • 抜粋機能を拡張したい人

検索機能を重要視する人

全角スペースで区切っても正常に検索できるようにしたい人。

2単語以上の検索を行うユーザーが多い場合は利用価値があります。

普段からファイル名に日本語を使っている人

普段何となくファイル名に日本語をつけている人。

マルチバイトが必ず不具合を引き起こすわけではありませんが、余計な不具合を避けるためにも日本語の使用は控えるべきです。

ファイル名を変更してアップロードするのが面倒ならWP Multibyte Patchを使ってください。

過去のWordPressを使っている人

様々な理由で古いバージョンのWordPressを使っているなら、抜粋機能改善目的での利用価値があります。

抜粋機能を拡張したい人

WP Multibyte Patchを使えば自動抜粋の文字数や[…]文字を変更できます。

WP Multibyte Patchは必須ではない

WP Multibyte Patchの必要性と機能を説明しました。

WP Multibyte Patchはそこまで重要ではありません。自分で対策できるならWP Multibyte Patchを使う必要はないでしょう。

抜粋は自分で設定すれば文字数に関係なくそのまま出力されます。アップロードするファイル名は自分が注意していれば全く問題ありません。

検索機能を重視するかが一番の判断基準になると思います。

WP Multibyte Patchは機能拡張プラグインです。必須ではないので必要かどうか判断して使ってください。