ブログ初心者・Web制作の情報サイト
【WordPress】パーマリンクとスラッグの設定

【WordPress】パーマリンクとスラッグの設定

WordPressを始めると初期設定が必要になります。パーマリンク設定もその一つです。

パーマリンク設定をするときどれにすればいいか迷っていないでしょうか? パーマリンクは恒久的なURLで後で変更するべきではありません。

そこでこの記事ではパーマリンクとスラッグの設定方法を紹介していきます。

パーマリンクは重要な設定なので後で変更しなくて済むよう適切な設定を選んでおきましょう。

パーマリンクとスラッグについて

パーマリンクとはページのURLです。

パーマリンクはURLそれ自体を指します。

パーマリンクは恒久的なリンクという意味があり一度設定すると変更するべきではありません。

ページには検索エンジンからの評価や他サイトからのリンクが集まります。パーマリンクを変更するとページのURLが変わりこれらの評価リンクがすべて消えてしまうのです。

パーマリンクがURLそれを指すのに対してスラッグはページの名前です。URLに使われる文字列を指します。

スラッグの例

wp-permalink-slug

WordPressでスラッグが設定できるページは投稿、固定ページ、カテゴリー、タグです。

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定はページのURLを設定することです。

パーマリンクは管理画面の設定 > パーマリンク設定から変更できます。ここでの投稿名はスラッグのことです。

WordPressのパーマリンク設定
基本ページIDが使用される最も簡単なパーマリンク
日付と投稿名投稿名の前に年月日が入る
月と投稿名投稿名の前に年月が入る
数字ベースページIDが用いられる
投稿名投稿名が用いられる
カスタム構造自分でパーマリンクに使う項目を設定可能

パーマリンクは投稿名を含んだものが便利です。上の例だと日付と投稿名、月と投稿名、投稿名がそれにあたります。パーマリンクに投稿名を含んでおくことで何のページかを判断しやすくなります。

スラッグの設定

投稿名は記事編集画面右のパーマリンクから設定できます。

初期状態では記事のタイトルが投稿(スラッグ)として使用されます。変更しなかった場合はパーマリンクに日本語が含まれてしまうので投稿名を含むスラッグを設定している場合は変更しておきましょう。

スラッグに日本語や全角文字を使わない方がいい主な理由はURLが長いし数字と記号の文字列になってしまうからです。

例えば「%9e%7f%7」といった具合です。

これは人間が見て何のページを表しているか全く分からないだけでなく日本語に対応していない一部の環境ではエラーの原因にもなります。

GoogleのガイドラインにはサイトのURLに関して以下のような記述があります。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Googleガイドライン:シンプルな URL 構造を維持する

スラッグを考えるときはシンプルで分かりやすい名称にすることがいいようです。

URLだけでページを判断する場面もあります。Googleアナリティクスの解析データを見るときです。スラッグに意味があると何のページなのか、どんな内容なのかが一目で判断できるようになり識別しやすくなります。

カテゴリーとタグのスラッグ

カテゴリーとタグのページににもスラッグを設定できます。設定はカテゴリーとタグそれぞれのページのスラッグ項目で編集できます。

カテゴリースラッグの編集

タグはタグの編集ページだけでなく記事編集画面右のタグの項目でも追加できます。

記事編集画面でタグを追加する

ただしこの方法でタグを追加した場合、スラッグが編集できずパーマリンクにタグ名がそのまま使われてしまいます。タグ名に日本語を使用するとパーマリンクにも日本語が入ります

最後に

パーマリンクとスラッグの設定方法を紹介しました。

パーマリンクは恒久的なURLで後で変更するべきではないので後で変更しなくて済むよう適切な設定を選んでおきましょう。