ブログ初心者・Web制作の情報サイト
WordPessユーザー名の変更方法

WordPessユーザー名の変更方法

ユーザー名はWordPressのログインIDとして使用します。セキュリティ強化のためにユーザー名と隠したい、または単純にWordPressのユーザー名を変更したい人はいると思います。

この記事ではWordPressユーザー名の変更方法と非表示方法を紹介します。

ユーザー名の変更方法

WordPressでは一度作成したユーザー名を変更することはできません。

ユーザー名を変更する場合は新しいユーザーを作成して移行する方法をとります。移行した後に以前のユーザーを削除します。

ユーザー名変更の流れは次の通りです。

新しいユーザーを追加する

新しいユーザーでログインし直す

旧ユーザーを削除する

完了

ユーザーの新規追加

初めに移行先となる新規ユーザーを作成します。

管理画面のユーザー > 新規追加をクリックし「新規ユーザー追加」のページを開きます。

WordPress:ユーザーの新規追加で設定すべき項目

ユーザー名・メール・パスワードを入力します。同一のメールアドレスは使用できないため別のメールを用意する必要があります。

権限グループは管理者を選んでください

設定後は新規ユーザーを追加を押すとユーザーが追加されます。

旧ユーザーの削除

ユーザーの新規追加が完了した後は以前のユーザーを削除します。

ログイン状態では削除できないため一度ログアウトし新しいユーザーでログインし直します

ログイン後、ユーザー一覧から削除したいユーザー欄の削除をクリックします。

WordPress:ユーザーの削除方法

次にコンテンツの移行設定を行います。削除するユーザーが作成した記事の所有設定です。

「このユーザーが所有するコンテンツをどのように処理しますか ?」と聞かれるので、

すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにするをチェックし、移行先のユーザーを選択します。

ユーザー削除時のコンテンツ移行設定

削除を実行を押すとユーザーが削除され移行が完了します。

ユーザー名を非表示にする

ユーザー名はWordPressのセキュリティに影響します。ログインIDに使われるので単純なユーザー名は避けたいところです。

単純に表示名を非表示にしたいだけであればニックネームの設定で対応可能です。ニックネームを設定すればユーザー名を隠せます。

ニックネームの設定

サイドメニューのユーザー > プロフィール

ニックネームの設定

ニックネームを設定して「ブログ上の表示名」のドロップダウンから選択すればOKです。

変更後はプロフィールを更新を押して保存してください。

ユーザー名を公表しないためにもブログ上の表示名はニックネームを設定するのがおすすめです。

投稿者ページへのアクセスを禁止する

ユーザー名は「投稿者ページのパーマリンク」にも使用されます。

投稿者ページとは投稿者別の記事一覧を表示するページです。

//投稿者ページ
/example.com/author/ユーザー名

投稿者ページはユーザー名がURLに表示されてしまうのでセキュリティー面でのリスクを持っています。使わない場合は表示自体を禁止してください。

下記コードをfunctions.phpに追加すれば投稿者ページへのアクセスを禁止できます。

functions.php編集時の注意点

function disable_author_page()
{
  if (is_author()) {
    //投稿者ページへのアクセスを禁止
    wp_redirect(home_url());
    exit;
  }
}
add_action('template_redirect', 'disable_author_page');

このコードは投稿者ページへのアクセスをトップページにリダイレクトします。