ブログ初心者・Web制作の情報サイト
エックスサーバー契約後の初期設定【ドメイン・WordPress・SSL】

エックスサーバー契約後の初期設定【ドメイン・WordPress・SSL】

エックスサーバーに契約しただけではWordPressは使用できません。(クイックスタートした場合は除く) 独自ドメイン・WordPressのインストール・SSL設定を行う必要があります。

しかしこれらの設定は初心者にとって難しく感じるでしょう。

実際の作業はそれほど難しくありません。方法を知っていれば簡単です。この記事ではエックスサーバーに契約後に行うべき設定を順に紹介していきます。

契約がまだという人もあらかじめ手順を知っておけば後でスムーズに設定できるので安心ですよ。

エックスサーバーの初期設定

クイックスタートを使用した場合は設定が自動になるので、この記事の内容は不要です

エックスサーバーのクイックスタート

エックスサーバー契約後にWordPressを使用するにはいくつかの設定を行う必要があります。

  • 独自ドメインの追加
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

これらの操作はエックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)で行います。サーバーに関するすべての設定はサーバーパネルから行うことが可能です。

サーバーパネルへのログイン方法

サーバーパネルのログインページを開いて、サーバーID(アカウント登録時のメールアドレス)とパスワードを入力します。

Xerver ログイン

サーバーパネルへのログイン方法

ログインすると以下のようなサーバーパネルの画面が表示されます。アカウントやWordPress、ドメインなどすべての項目が一目で把握できるのでとても見やすい管理画面です。

契約後の初期設定ではWordPressとドメインの2つの項目を使用します。

エックスサーバーのサーバーパネル

独自ドメインの追加

独自ドメインを使用するには「ドメインの取得」と「取得したドメイン名をサーバーに追加する」という2つの作業を行う必要があります。

ここで説明するのは後者の「取得したドメイン名をサーバーに追加する」作業です。追加する独自ドメインはあらかじめ取得しておいてください。

独自ドメインの追加方法

サイトのアドレスに使用する独自ドメインの追加を行います。Xdomain(エックスサーバーが運営するドメインサービス)以外で取得したドメインでも追加可能です。

独自ドメインを追加するには、サーバーパネルのドメイン > ドメイン設定 を選択します。

独自ドメインの追加方法

①ドメイン設定追加を選択します。

②ドメイン名を入力してください。

③無料独自SSLを利用するにチェックを入ます。

確認画面へ進むをクリックすると確認画面が表示されるので追加するを押してドメインを追加します。

完了すると通知画面が表示されるのでSSLが設定済みになっているか確認してください。

ドメインの追加完了後、SSLが設定済みになっているか確認する

WordPressのインストール

ドメイン追加後はWordPressのインストールを行います。

サーバーパネルのWordPress > WordPress簡単インストールをクリックします。

WordPressのインストール

下記項目を入力してください。

  • サイトURL
    サイトURLに設定する独自ドメインを設定します。ドメイン追加後なら追加したドメインが自動で入力されています。
  • ブログ名
    表示されるサイト名。
  • ユーザー名
    ユーザー名はWordPressにログインするためのID・記事の投稿者名として使用します。ユーザー名は変更が面倒なのでしっかりと決めることをおすすめします。
  • パスワード
    WordPressにログインするためのパスワード。
  • メールアドレス
    適当なアドレスでも通りますが、パスワードを忘れたときのために使用できるメールアドレスを設定してください。

キャッシュ自動削除・データベースの項目はそのままでかまいません。入力後、確認画面へ進むで確認画面に進みインストールするをクリックするとインストールが開始されます。

インストールは2~3分で終了します。

サイトのSSL設定

SSLはhttpsでサイトにアクセスするための設定です。httpsでは通信が暗号化されページのセキュリティが高くなります。

SSLはドメイン追加時に選択肢を選んでいれば自動で設定されますが、httpsでアクセスするにはWordPress側のURLも変更しておく必要があります。ここではその方法を解説します。

SSLが有効になっているか確認する

WordPress側のアドレスを変更する前に、必ず対象ドメインのSSLが有効になっているか確認してください。

サーバーパネルのドメイン > SSL設定

SSLが有効になっているか確認する

対象ドメインのSSL用アドレスがhttpsになっていればOKです。

WordPress側のアドレスを変更する

WordPressにログインします。

WordPressへのログイン

http://'ドメイン名'//wp-login.php
WordPressへのログイン

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちの可能性があります~」と表示されてログインできない場合は少し待ってから再度アクセスしてください。

管理画面のサイドメニューから設定 > 一般で一般設定を開きます。

WordPress側のアドレスをhttpsに変更する

WordPressアドレスとサイトアドレスの2カ所を http -> https に変更します。繰り返しになりますが、必ず先にドメインのSSL設定を行ってから変更してください。

変更後は設定を保存するとSSL化されたログイン画面が表示されます。これでSSL設定は完了です。自由にWordPressをさわってみてください。

設定が面倒ならクイックスタートで契約するのがおすすめ

エックスサーバーにはクイックスタートという便利な機能があります。クイックスタートを使うとこの記事で説明した設定がすべて自動になり簡単にWordPressを開始できます。

この記事を読んで大変そうと思った人はクイックスタートの活用を検討してみてください。超便利な機能なのでおすすめです。

クイックスタートのデメリットは悪くない【エックスサーバー】
クイックスタートはエックスサーバー契約時の無料オプションです。WordPressのインストール・ドメインの取得と設定・SSL化等の必要な作業を自動で行ってくれます。この記事ではクイックスタートのデメリットとメリットを紹介します。