ブログ初心者・Web制作の情報サイト
Bing版サーチコンソール Bingウェブマスターツールの登録方法

Bing版サーチコンソール Bingウェブマスターツールの登録方法

この記事ではBingウェブマスターツールの登録方法・サイトの追加方法を紹介します。

BingウェブマスターツールはBingの検索パフォーマンスの確認やサイトマップの送信、リンク否認などの機能を備えたWebツールです。

BingウェブマスターツールはBing版のGoole Search Consoleと言えるでしょう。UIもかなり似ています。

Microsoft・Google・Facebookの3つのアカウントが使用できるのでサイトを登録すればすぐに使えるようになります。

Bingウェブマスターツールにサインインする

まずはBingウェブマスターツールにサインインします。

Bingウェブマスターツール

サインインにはMicrosoft・Google・Facebookの3つのアカウントが使用できます。

Bingウェブマスターツールにサインインする

自分のサイトを持っている方はほぼ確実にGoogleアカウントを持っていると思うので、Googleアカウントでサインインすればいいでしょう。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録する

Bingウェブマスターツールを始めて使用する場合はサイトを登録しましょう。

Bingウェブマスターツールには2つのサイト登録方法があります。

  • Google Search Consoleから登録サイトをインポートする
  • サイトを手動で追加する

ここでは前者のGoogle Search Consoleから登録サイトをインポートして登録する方法を紹介します。

Google Search Consoleからインポートすると、サイト所有者の確認やXMLサイトマップの読込みを自動で行ってくれるので余計な手間が省けて楽です。

サイト登録手順

Google Search Consoleからサイトをインポートする方法です。

サイト未登録の場合はサインイン時に以下のサイト登録画面が表示されます。

左側の「自分のサイトをGSCからインポート」の下にあるインポートをクリックします。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録する

確認画面が表示されるので右下の続行を押します。

Google Search Consoleからインポート・確認画面

続行を押すとMicrosoft・Google・Facebookいずれかのサインイン画面が表示されるのでサインインしてください。

以下はGoogleの場合の例です。

BingがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストするので右下の許可を押します。

Googleアカウントへのアクセスをリクエストを許可する

登録するサイトを選んでインポートを押すと完了です。

登録するサイトを選んでインポートを押す

サイトの追加に失敗したとき

サイト追加後に「サイトの追加に失敗しました」と表示されることがあります。

Bing:サイトの追加に失敗しました

実際にサイトが追加されていても上記の画面が表示されます。

この場合はサイドメニューの「ユーザーの管理」からサイトの所有権ユーザーとアクセス許可の2つの項目を確認してください。

Bingウェブマスターツール:ユーザーの管理画面

下記の通り表示されていればサイトの追加は完了しているのでエラーは気にしないでおきましょう。

  • サイトの所有権:「あなたは確認済みの管理者です」と表示される
  • ユーザーとアクセス許可:自分のサイト名が表示されている

Bingの検索エンジンシェアはどれくらいか?

Bingの検索エンジンシェアはどのくらいなのでしょうか?

StatCounterによるとBingの日本でのシェアは4%ほどです。(2020年)

日本での検索エンジンシェア

4%は少ないように見えますが侮ってはいけません。

サイトの内容にもよりますがBingは無視できないほどの検索流入があります。このサイトではなぜかBingからの流入がGoogleの半分ほどもあります。

BingはWindowsの標準ブラウザであるMicrosoft Edgeの検索エンジンとして使用されています。

企業のPCはWindowsが多く、またセキュリティ上の理由からソフトウェアのインストールを禁止している企業もあるでしょう。そのため標準ブラウザを使用する人は多いです。

最後に

Bingウェブマスターツールの登録方法・サイトの追加方法を紹介しました。Bingの検索流入は侮れないのでGoogle Search Consoleと共に使えるように登録しておきましょう。

BingウェブマスターツールはBingに対してスパムリンク否認を申請する際に必須になります。

スパムリンクを否認する方法