ブログ初心者・Web制作の情報サイト
FTPソフトFileZillaの使い方と初期設定方法【初心者向け】

FTPソフトFileZillaの使い方と初期設定方法【初心者向け】

WordPressを使っているとテーマのカスタマイズやエラー対処のためにサーバー上のファイルにアクセスしたい場合があるでしょう。FTPソフトを使えば簡単にサーバー上のファイルにアクセスできます。

この記事ではサーバー上のファイルにアクセスする手段を探している初心者の方にFTPソフトであるFileZillaのインストール方法・使い方・初期設定について紹介します。

無料のFTPソフト FileZilla

WordPressを始めたばかりの初心者にはFTPソフトと聞いてもピンと来ないと思います。

私はWordPressを始めたころ見慣れないFTPという単語を敬遠してなかなかFTPソフトの導入をしなかった覚えがあります。

FTPとは File Transfer Protocol の略で異なるデバイス間でファイル転送を行うための通信プロトコルの一種です。FileZillaとは無料のダウンロード型FTPソフトの名称です。

WordPressはサーバー上にインストールすることが多いためファイルの操作にはFTPソフトを使用します。テーマの編集には必須のツールなので早いうちにFileZillaを導入しましょう。

FileZillaのインストール方法

ここではFileZillaのインストール方法について説明します。下ボタンのページからFileZillaをダウンロードしてください。

FileZilla ダウンロードページ

FileZilla ダウンロード

Windowsの場合は exe か zip のどちらかをダウンロードします。exeにrecommended(推奨)と書かれていますがどちらでも変わりません。もし分からなければ自動でインストールしてくれるexeを選べばOKです。

zipの場合

ダウンロードしたzipを任意のフォルダに配置して解凍するだけでOKです。

exeの場合

exeではインストーラに従ってインストールすることができます。

ライセンスへ同意します。I Agreeをクリックして次に進みます。

OS内の全てのユーザーにインストールするか自分のみかを選びます。Only for meにチェックを入れNextをクリックします。

インストールするコンポーネントを選択します。すべて選択してNextをクリックします。Language files にチェックを入れた場合自動的に日本語でインストールされます。

インストール先のフォルダを選択します。デフォルトで特に問題ありません。Nextをクリックし次に進みます。

ここも特に触る必要はありません。Installを押せばインストールが開始されます。

サーバーへの接続設定

FileZillaを起動した後最初に行のはサーバーへの接続設定です。接続設定はサイトマネージャーで行います。

サイトマネージャーは次のいずれかの方法で起動できます。

  • ファイル > サイトマネージャー
  • Ctrl + S:(Windows)
  • Command + S:(Mac)
FileZilla サイトマネージャー
サイトマネージャー

上記枠内の項目を設定します。サーバー接続設定についての詳しい情報はレンタルサーバー各社が公開しているので確認してみて下さい。ユーザー名については各社のユーザー専用ページまたは契約時のメールで確認する必要があります。

設定後に接続を押しパスワードを入力するとサーバーに接続できます。

右側にファイルが表示されれば接続成功です。

FileZillaの使い方

ここではFileZillaの主な使用目的であるファイルのアップロードとダウンロード方法について説明します。

以下はFileZillaのUIです。

FileZilla 画面説明

右はサーバーのディレクトリとファイルが表示され、左のローカルには自分のPCのディレクトリとファイルが表示されます。ファイル転送に使うのはこの2つのパネルだけです。

ファイルの転送

FileZillaでのファイル転送は非常に簡単でファイルのサーバー側もしくはローカル側へドラッグ&ドロップするだけで可能です。またファイルを右クリック > ダウンロード/アップロードでも可能です。

ドラッグ&ドロップ

FileZilla ドラッグ&ドロップでダウンロード

右クリック > ダウンロード/アップロード

FileZilla 右クリックでアップロード

ファイルのパーミッションを変更する

主に読み取り専用ファイルを編集可能にする方法です。

WordPressのwp-config.phpを編集する際に使用します。

ファイルを右クリック > パーミッションの変更

FileZilla:ファイルを編集可能にする

所有者のパーミッション書込みにチェックを入れてOKを押します。これで編集可能になります。

編集後はパーミッションを元に戻しておきましょう。

FileZillaの設定

FileZillaを使いやすくする設定を紹介します。デフォルトで使いにくいと思ったときは参考にしてみてください。

設定画面を開くには編集 > 設定をクリックします。

FileZilla 設定の表示
  • 指定のテキストエディタで開く
  • ダブルクリックでファイルを開く

指定のテキストエディタで開く

普段使用しているテキストエディタでファイルを開く方法です。PHPファイルやCSSを普段使っているテキストエディタで編集できるようになります。

設定 > ファイルの編集から「カスタムエディタを使用」にチェックを入れて使用するエディタのパスを入力します。パスはエディタショートカットのプロパティから確認可能です。

FileZilla エディターの変更

「常にデフォルトのエディタを使用」にチェックを入れておけば全てのファイルを指定したエディタで開くことが可能です。

ダブルクリックでファイルを開く

ダブルクリックでファイルを開けるようにする設定です。

デフォルトではダブルクリックはダウンロード/アップロードに設定されていますが直観的ではなく使いにくいです。表示/編集に変更することでスムーズにファイルを編集開けるになります。

設定 > インターフェース > ファイルリストの「ファイルをダブルクリックしたときのアクション」を表示/編集に変更します。

FileZilla ダブルクリックでファイルを開く

JavaScriptが開けないとき

jsファイルやその他のファイルが開けないときはファイルの関連付けを無効にすることで開けるようになります。

編集 > 設定 > ファイルの編集で設定画面を開きます。

FIleZillaでJavaScriptが開けないとき

常にデフォルトのエディタを使用にチェックを入れておくと関連付けを無視してファイルを開きます。この場合は事前にファイルを開くエディタを設定しておきましょう。

wp-config.phpが編集できない

wp-config.phpはWordPressの重要な設定ファイルです。

サーバーによってはwp-config.phpはデフォルトで読み取り専用になっている場合があります。

編集できないときはファイルのパーミッションを変更してください。

最後に

FileZillaの設定と使い方について説明しました。FTPソフトはファイルの編集だけでなくバックアップを取るときにも便利です。

サイトのカスタマイズには必須のツールで使用頻度も高いので是非使い方を覚えてサイト制作に活かしてください。