ブログ初心者・Web制作の情報サイト
タクティクスオウガ 運命の輪 北米版との違いと回想

タクティクスオウガ 運命の輪 北米版との違いと回想

タクティクスオウガ 運命の輪の国内版と北米版の違いを紹介します。タクティクスオウガ 運命の輪とは非常に高いやりこみ要素、重厚なストーリーを持つ シミュレーションRPGです。

タクティクスオウガ 運命の輪

タクティクスオウガ 運命の輪は 2010年11月11日にスクエア・エニックスから発売されたPSP用のゲームで、オリジナル「タクティクスオウガ」のリメイク作品です。 非常に高いやりこみ要素、重厚なストーリーを持つ シミュレーションRPGです。

この記事について

この記事はタクティクスオウガ 運命の輪(以下、運命の輪)を紹介する記事です。

なぜ今頃になって運命の輪の記事を書こうと思ったかについては完全に個人的な懐古目的としか言えず、需要もあるか分かりませんが発売当時の状況と合わせて書き記していきます。

ゲームの特徴

当時の状況

まず始めに国内版タクティクスオウガ 運命の輪のバランスは良くありません。やり込めばやり込むほどに荒が目立ってきます。というのもこのゲームが発売されたのは2010年11月、1カ月後にはモンスターハンターポータブル3rd(MHP3rd)の発売が控えていました。あまりバランス調整をする時間が取れなかったということは容易に想像できます。デバッグに関してはしっかりされており、目立ったバグはほとんどありません。

素材・ストーリーは素晴らしい

名作と言われるタクティクスオウガのリメイクでオリジナルのスタッフが集結して作られました。 松野泰己氏によるストーリー及びセリフ回し、吉田明彦氏、政尾翼氏によって描かれたキャラクター、崎元仁氏、岩田匡治氏による音楽、美麗なマップなどすべてが合わさって魅力的で素晴らしい世界観を作り上げています。

このゲームはクラスや装備品、スキルが多彩でビルドや戦略を考えるのが非常に楽しいのです。それだけにゲームバランスの調整不足によって評価が低くなってしまったことを残念に思います。

弓が強い

弓は非常に強いです。遠隔攻撃であり、命中率を高めやすい仕様である為です。。。

いえ、実は弓や弩といった遠隔武器は様々な補正で他の武器を上回っており、それらが合わさって高いダメージを叩き出します。

例として、遠隔武器使用時は下記の「防御値」(相手の防御力)にマイナスの補正が掛かります。ゲームをプレイする上でアーチャーの有無は難易度及び攻略速度に大きな影響を与えるでしょう。

 ■簡易ダメージ計算式
  • ダメージ = 武器ダメージ + ステータスダメージ – 防御値
  • 武器ダメージ: 武器のATK
  • ステータスダメージ: (STR * 補正A + DEX * 補正B) – (防御側STR * 補正C + 防御側VIT * 補正D)
  • 防御値: 防御側防具DEFの合計値
雷神アロセール

アロセールが強いのはSTRとDEXの値が高く弓の補正を受けやすいから

直接攻撃力アップや物理攻撃UPⅣなどの補正はステータスダメージに掛かることが多く、武器ダメージに掛かる補正はほとんどありません。

ステータスダメージについて、同レベル帯では防御側の値が高くなりやすく、ステータスダメージ部分が0になることがあります。攻撃力UP系のスキルが効いていないように見えることがあるのはこの為です。

ステータス補正武器

ステータス補正武器というのは上記計算式の補正Aと補正Bの値が高いタイプの武器のことです。これらの武器は武器ATKにマイナスの補正が掛かります。

ステータス差がつきやすい国内版では味方が使うと凄まじいダメージを叩き出す反面、敵が使うとろくなダメージが出ないという結果になります。

武器のタイプとしては面白いものの調整不足により超強力武器になってしまいました。

レベルアップボーナス

レベルアップボーナスというのはレベルアップ時にベースステータスに加算される値のことです。国内版では1レベルごとに0.5加算されます。

レベルアップ ⇒ クラスチェンジを繰り返すことでキャラが強くなりすぎます。また、 防御面を気にする必要が無くなりビルドの面白さも半減してしまいました。

レベルアップボーナス はオリジナル版には存在しなかった要素であり、運命の輪の評価を下げた諸悪の根源です。

北米版との比較

国内版ではバランスに問題がある反面、北米版ではその多くが改善されています。

敵所持呪文の変更

国内版ではメイジ系の敵が後方で延々と無駄な補助魔法をかけあって著しくゲームのテンポを崩していました。補助魔法のかけあいでMPを消費するため上位呪文を使えないという状況になっていたのです。 北米版では敵の所持呪文から補助呪文が削除されており使用することはなくなりました。

敵の所持呪文 補助魔法は削除されている

敵の所持呪文。 補助魔法は削除されている

レベルアップボーナスの低減

国内版では 1レベルごとに0.5加算されていましたが、北米版では 1レベルごとに0.1加算され増加量は 1/5 になっています。これは非常に大きな変化でバランスを大きく崩すことなくゲームを長く楽しめるようになります。

無双状態になりにくいためキャラビルドの面でも戦略的な観点から考えることが増え非常に楽しいです。また、こちらが強すぎると敵が逃げて行ってしまう、または攻めて来ずに籠城するといった状況も解決されます。

ステータス補正武器の変更

ステータス補正武器は通常の武器タイプに置き換えられました。これにより上位武器よりも下位のステータス補正武器のほうが強いという状況が解消されました。

北米版ではブリュンヒルドも通常武器

北米版ではブリュンヒルドも通常武器

ストーリーバトル時の獲得経験値増加

北米版ではストーリーバトル時の獲得経験値が国内版に比べ 1.1~1.2倍ほど増加しています。経験値は出撃クラス数で割られる仕様の為、北米版では多クラスでのストーリー進行がしやすくなっています。

その他

その他北米版の改善点です。

  • アイテム合成確率の増加
  • スキル経験値の増加(特にスティール)
  • スキルが見やすくなった(特に~UP系)

スキルに関してUP系がとても見やすくなっています。

国内版では遠隔攻撃命中UPやら遠隔攻撃回避UPが見辛くてしかたなかった。回避と命中を間違えてつけていたということも一度や二度ではありません。

北米版では見づらかったスキルがTrueflightやSidestep・Dodgeと表記されているのでとても識別しやすくなっています。

英語の方が断然見やすいです。

北米版ではスキル欄が見やすくなっている

おわりに

タクティクスオウガ 運命の輪は個人的には大好きなゲームですが上記の通り国内版はバランスの問題が多すます。ストーリーを楽しむなら国内版でもいいですが、ゲームとして楽しみたい人には北米版をお勧めします(もちろん英語です)。ハマる人にはハマるゲームですのでぜひ一度プレイしてみてください。