ブログ初心者・WordPress・Web制作の情報サイト

エックスサーバーでWordPressを始める全手順(申し込み方法と初期設定)

エックスサーバーでWordPressを始める全手順(申し込み方法と初期設定)

この記事ではエックスサーバーでWordPressを始める方法と初期設定方法を紹介します。主にクイックスタートを使った契約方法を解説しています。

WordPressサイトの作成は難しくありません。

この記事の手順を順に実行すればサイト開設が完了します。必要時間は10分~15分程です。

初心者の人でもWordPressが簡単に始められるように解説しているので、これからブログを始めてみたい人・アフィリエイトで収入を得たい人はぜひチャレンジしてください。

エックスサーバーの契約方法解説 – WordPressの始め方

エックスサーバーを契約する

WordPressのインストール
(クイックスタートを利用すれば必要なし)

完了

エックスサーバーでWordPressサイトを作成するのは非常に簡単です。

サーバー契約を行えば自動ですべて完了して、WordPressにアクセスできるようになります

Xserverは他のレンタルサーバーと比べても、飛び抜けて手間が少なく初心者向けです。

契約するだけなら特に何も必要ありません。料金はクレジットカード以外にもコンビニ払い・銀行振込・ペイジーの方法で支払いできます。

契約に必要なもの

  • クレジットカード(なくても契約は可能・後払いも可能)

契約するにはエックスサーバーの公式サイトへアクセスしてください。

エックスサーバー公式サイト

新規お申込みをクリックします。

エックスサーバー新規お申込み

エックスサーバーの申し込み情報入力

サーバーID・契約プラン・クイックスタートの利用を設定します。

エックスサーバーの申し込み情報入力

①サーバーID(初期ドメイン)の設定
サーバーIDはエックスサーバーへのログインに使用します。そのままでOKです。

サーバーIDは自動的に設定されますが、自分で決めることも可能です。

//エックスサーバーの初期ドメイン
サーバーID.xsrv.jp

②プランの選択
契約するプランを選択します。おすすめのプランはスタンダードです、3つのプランの中では料金が手軽で初めての人でも選びやすいプランです。

Xserver スタンダード 内容
プラン名 スタンダード
月額料金(12ヶ月契約) 1,100円
月額料金(36ヶ月契約) 990円
初期費用 3,300円
データ容量 300GB
無料お試し期間 最大10日
無料の自動バックアップ あり(復元無料)
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
MySQL 無制限
備考 CPU 6コア、メモリ8GB保証

上位プランとの違いは主にディスク容量とサーバースペックの違いだけであとはほとんど同じです。ドメインやデータベースの制限はありません。サポートも上位プランと同じです。

③WordPressクイックスタート利用の選択
クイックスタートを利用する場合は利用するにチェックを入れます。

クイックスタートの利用は任意ですが初心者の場合は利用することを強くおすすめします。

クイックスタートを利用するとサーバー契約と同時に、ドメインの取得設定・WordPressインストール・SSL設定を自動で行ってくれます

エックスサーバーのWordPressクイックスタート

クイックスタートの特徴

  • 面倒な設定なしでWordPressを始められる
  • 初心者におすすめ
  • お試し期間はなくなる(特に気にする必要ない)
  • クレジットカードが必要(Paidyも利用可能)

追加の項目が表示されるので必須項目を入力してください。ドメインはここで取得できます。

エックスサーバー:クイックスタートの入力項目
  • サーバー契約期間は12か月がおすすめ。
  • 取得するドメインはサイトに使用する独自ドメイン
  • ユーザー名とパスワードはWordPressのログインに使用するので控えておく。

入力後はXserverアカウントの登録へ進むを押して次に進んでください。

アカウント情報・クレジットカード情報の入力

アカウント登録の情報を入力します。

アカウント情報入力
  • クイックスタートを利用している場合はクレジットカード登録の項目が追加されます。
  • ここで登録したメールアドレスとパスワードはエックスサーバー管理ページへのログインに使用します。

利用規約に同意して次に進むをクリックすると確認画面が表示されます。確認して次に進んでください。

SMS認証による本人確認

本人確認のためのSMS認証を行います。

SMS認証

①電話番号入力、②取得方法の選択を行い認証コードを取得するをクリックします。5桁コードが送られてくるので入力してください。

SMSコードの入力

SMS認証が完了すると契約完了です。

サーバーの申し込み完了

クイックスタートを利用した場合はこれですべて完了です

WordPressインストール・ドメイン設定・SSL設定など必要な初期設定はすべて完了します。契約時にクレジットカードを登録するので支払いもすぐに完了します。

管理画面からサーバーパネル等を使ってみたり、WordPressの動作を確かめてみてください。

クイックスタートを利用していない場合は初期設定が必要になります。エックスサーバーの初期設定の項目を参照してください。

申し込み後WordPressにログインする

申し込み完了後は、WordPressのログインページから管理画面にアクセスできます。

サイトにアクセスできないときは、契約完了から5~10分待ってください。

/ドメイン名/wp-login.php/
wp-login.php

WordPressインストール時に設定したユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。

WordPressの管理画面

下記記事でWordPressの基本的な使い方を解説しているので参考に。

エックスサーバーの初期設定(クイックスタートを利用しない場合)

クイックスタートを使用した場合は自動で初期設定されます。WordPressがすぐに使えるようになるので、この項目は飛ばしてください。

エックスサーバーのクイックスタート

クイックスタートを利用しない場合、エックスサーバーに契約しただけではWordPressは使用できません。

独自ドメイン・WordPressのインストール・SSL設定を行う必要があります。ここではエックスサーバーに契約後に行うべき設定を順に紹介していきます。

  • 独自ドメインの追加
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

これらの操作はエックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)で行います。サーバーに関するすべての設定はサーバーパネルから行うことが可能です。

サーバーパネルへのログイン方法

サーバーパネルのログインページを開いて、サーバーID(アカウント登録時のメールアドレス)とパスワードを入力します。

Xserver サーバーパネル ログイン

エックスサーバー:サーバーパネルへのログイン

ログインすると以下のようなサーバーパネルの画面が表示されます。アカウントやWordPress、ドメインなどすべての項目が一目で把握できるのでとても見やすい管理画面です。

契約後の初期設定ではWordPressとドメインの2つの項目を使用します。

エックスサーバーのサーバーパネル

独自ドメインの追加方法

独自ドメインを使用するには「ドメインの取得」と「取得したドメイン名をサーバーに追加する」という2つの作業を行う必要があります。

ここで説明するのは後者の「取得したドメイン名をサーバーに追加する」作業です。追加する独自ドメインはあらかじめ取得しておいてください。

サイトのアドレスに使用する独自ドメインの追加を行います。Xdomain(エックスサーバーが運営するドメインサービス)以外で取得したドメインでも追加可能です。

独自ドメインを追加するには、サーバーパネルのドメイン > ドメイン設定 を選択します。

独自ドメインの追加方法
  • ①ドメイン設定追加を選択します。
  • ②ドメイン名を入力してください。
  • ③無料独自SSLを利用するにチェックを入ます。

確認画面へ進むをクリックすると確認画面が表示されるので追加するを押してドメインを追加します。

完了すると通知画面が表示されるのでSSLが設定済みになっているか確認してください。

ドメインの追加完了後、SSLが設定済みになっているか確認する

WordPressのインストール

ドメイン追加後はWordPressのインストールを行います。

サーバーパネルWordPress > WordPress簡単インストールをクリックします。

WordPressのインストール

下記項目を入力してください。

  • サイトURL
    サイトURLに設定する独自ドメインを設定します。ドメイン追加後なら追加したドメインが自動で入力されています。
  • ブログ名
    表示されるサイト名。
  • ユーザー名
    ユーザー名はWordPressにログインするためのID・記事の投稿者名として使用します。ユーザー名は変更が面倒なのでしっかりと決めることをおすすめします。
  • パスワード
    WordPressにログインするためのパスワード。
  • メールアドレス
    適当なアドレスでも通りますが、パスワードを忘れたときのために使用できるメールアドレスを設定してください。

キャッシュ自動削除・データベースの項目はそのままでかまいません。入力後、確認画面へ進むで確認画面に進みインストールするをクリックするとインストールが開始されます。

インストールは2~3分で終了します。

WordPressサイトのSSL設定

SSLはhttpsでサイトにアクセスするための設定です。httpsでは通信が暗号化されページのセキュリティが高くなります。

SSLはドメイン追加時に選択肢を選んでいれば自動で設定されますが、httpsでアクセスするにはWordPress側のURLも変更しておく必要があります。ここではその方法を解説します。

WordPress側のアドレスを変更する前に、必ず対象ドメインのSSLが有効になっているか確認してください

サーバーパネルドメイン > SSL設定

対象ドメインのSSL用アドレスがhttpsになっていればOKです。

もし追加されていないときは、独自SSL設定追加でSSLを追加してください。

独自SSL設定追加

その後、WordPress側のSSL設定を行います。

WordPressにログインしてください。

http://'ドメイン名'//wp-login.php
WordPressへのログイン

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちの可能性があります」と表示されてログインできない場合は少し待ってから再度アクセスしてください。

管理画面のサイドメニューから設定 > 一般で一般設定を開きます。

WordPress側のアドレスをhttpsに変更する

WordPressアドレスとサイトアドレスの2カ所を http -> https に変更します。繰り返しになりますが、必ず先にドメインのSSL設定を行ってから変更してください。

変更後は設定を保存するとSSL化されたログイン画面が表示されます。これでSSL設定は完了です。自由にWordPressを使ってみてください。

料金の支払い方法

クイックスタートを利用していない場合、料金の支払いはお試し期間が終了する前に行う必要があります。

実際の契約(課金)はいつから?

支払いを行うとその時点で無料お試し期間は終了して本契約に移ります。ただし日数の計算が始まるのは翌月の1日からです。

ご利用料金はお申し込み日の翌月1日から起算いたします。

(例)7/15ご利用開始 → 8/1が料金の起算日となります

実際の契約(課金)はいつからになりますか? – Xserver

料金を支払い方法

エックスサーバーの契約管理ページにログインしてください。

画面上側のメニュー欄にある料金支払いをクリックします。

管理ページから料金を支払う

サーバーにチェックを入れて期間を選択した後支払い方法を選択するを押します。

管理ページから料金を支払う

支払い方法を選択して決済してください。料金の支払いにはクレジットカード・コンビニ払い・銀行振込・ペイジー・Paidyのいずれがが利用可能です。

支払い方法の選択

自動更新設定の停止

クレジットカードで支払いを行うと自動更新設定が登録されます。自動更新に関しては設定したくない人もいると思うので変更方法を紹介します。

エックスサーバーの管理画面にログインしてカード自動更新設定を開きます。

自動更新設定の停止

自動更新サイクルを変更するを押して自動更新サイクル欄を「設定なし」にすると自動更新を停止できます。

自動更新設定 – Xserver

設定が面倒ならクイックスタートで契約するのがおすすめ

エックスサーバーにはクイックスタートという便利な機能があります。クイックスタートを使うと、サーバーの設定・ドメイン設定がすべて自動になり簡単にWordPressを始めることができます。

初心者にはクイックスタートがとても便利なのでぜひ活用してください。15分で自分のサイトが出来上がります。

設定が大変そうと思った人はぜひクイックスタートを検討しましょう。クイックスタートのデメリットはほとんど気にする必要ありません。