ブログ初心者・Web制作の情報サイト
KeePassXCの使い方-データベース作成からパスワードの自動入力まで

KeePassXCの使い方-データベース作成からパスワードの自動入力まで

KeePassXCは無料で使えるパスワード管理ツールです。面倒なパスワードの管理を非常に楽にしてくれます。

この記事ではKeePassXCの基本的な使い方を紹介します。

KeePassXCをインストールした人がデータベースを作成し、パスワードを自動入力するまでの説明になります。

KeePassXCの使い方

この記事では主にKeePassXCの使い方を紹介します。

もしKeePassXCの特徴を知りたい場合はKeePassXCはどんなことができるのか? 機能と特徴の説明を参考にしてください。

KeePassXCのインストールがまだの人はこちらです。

■KeePassXCの使い方

  • データベースの操作
  • エントリーの編集
  • 自動入力の使い方

データベースの操作

KeePassXCのデータベースファイル

データベースは暗号化されたパスワードを格納する非常に重要なファイルです。

ここではデータベースの作成・操作について紹介します

データベースの新規作成

KeePassXCをインストールした後最初に行うのはデータベースの作成です。

KeePassXCを起動すると以下のような画面が表示されているはずです。

データベースの新規作成

新しいデータベースを作成するをクリックします。

画面が違う場合はメニューバーのデータベース > 新しいデータベースを押してください。

KeePassXC:データベース名の設定

データベース名を入力して続きをおします。

KeePassXC:暗号化の設定

暗号化の設定ですがここは特に操作する必要はありません。続きを押して次に進みます。

KeePassXC:パスワードの入力画面

パスワードの入力画面です。

ここで入力したパスワードは、すべてのパスワードを管理するマスターパスワードとなるので忘れないようにしっかりと保管してください。

マスターパスワードを忘れるとデータベースは永遠に使えなくなります。

終了を押した後、ファイル名を付けて保存します。これでデータベースの作成は完了です。

作成後はデータベースが自動で開きます。

データベース新規作成後の画面

データベースのインポート

KeePassXCではデーベースをCSVや1P Passwordからインポートできます。

既にデータベースを持っている人はこちらを利用してください。

データベースのインポート

データベースをインポートするには任意のインポートボタンを押します。

メニューバーのデータベース > インポートからでも可能です。

データベースのエクスポート

KeePassXCでは既存のデータベースをCSVまたはHTMLでエクスポートできます。

エクスポート方法

メニューバーのデータベース > エクスポート

エクスポートしたCSVやHTMLは暗号化されていません。すべてのパスワードが目視可能なので取り扱いには注意が必要です。

目的が済んだ後はエクスポートファイルの削除を忘れないようにしてださい

データベースのバックアップを取る方法

KeePassXCデータベース(.kdbx)はローカルに保存されているのでコピー&ペーストでバックアップできます。

データベースの場所はツールバーの「データベースを開く」を押すと確認できます。

データベースのバックアップを取る

バックアップはPC以外の外部ストレージにも保存しておくと安心です。

エントリーの編集

ここではエントリーの作成と管理方法を紹介します。

エントリーとはアカウント単位の情報を納めるデータのことです。サイト名・ユーザー名・パスワード・URLなどの情報を保存しておき、使用時に取り出します。

データベースをインポートした場合は最初からエントリーが作成されています。

KeePassXC:エントリー

エントリーの作成

新たなアカウントやパスワードを保存する場合、エントリーの作成を行います。

メニューバーのエントリー > 新しいエントリー

エントリーの作成画面

サイト名・ユーザー名・パスワード・URLなど必要情報を記入してからOKを押すと保存されます。

パスワードの自動生成

KeePassXCではパスワードの自動生成が可能です。

パスワードの自動生成を行うには「パスワード」項目の右側にあるサイコロの様なアイコンをクリックします。ツールバーにも同じアイコンがあります。

パスワードの自動生成ボタン

パスワード生成画面が開くので設定を行いましょう。

KeePassXC:パスワードの生成
  1. パスワードの再生成
  2. パスワードの文字数を設定

パスワードを作成した後右下のパスワードを適用を押すとエントリー作成画面に反映されます。

アイコンの設定

グループとエントリーのアイコンを設定する方法です。

アイコンを設定すると見栄えが良くなりグループごとの識別もしやすくなります。

グループのアイコン設定

KeePassXC:グループのアイコン

グループのアイコンは編集画面の「アイコン」タブで設定できます。

グループを右クリック > グループを編集

KeePassXC:グループのアイコン設定

アイコンを選択してOKを押すと適用されます。

エントリーアイコンの設定

サイトのURLが設定されたエントリーはファビコンをダウンロードして使用することが可能です。

ファビコンをダウンロードする方法は2種類あります。

  • エントリーを右クリック > ファビコンをダウンロード
  • グループを右クリック > 全てのファビコンをダウンロード

実行するとファビコンが自動でダウンロードされて適用されます。

エントリーアイコンはグループアイコンのように個別に設定することも可能です。

エントリーから情報を取得する

エントリーから情報を取り出しクリップボードにコピーする方法です。ユーザー名やパスワードを個別に取得したいときに使用します。

エントリーをダブルクリックして情報を取得する

エントリーの各項目をダブルクリックすると情報が取得されます。

エントリーをダブルクリックして情報を取得する

例えばエントリーのユーザー名をダブルクリックすると、そのユーザー名がクリップボードにコピーされます。タイトルをダブルクリックすると編集画面です。

またURLをダブルクリックするとサイトが開きます。

セキュリティの関係上クリップボードにコピーされた情報は数秒後に自動で削除されます。

ツールバーを使用して情報を取得する

ツールバーを使用して情報を取得する

ツールバーからもエントリーの情報を取得できます。

左からユーザー名・パスワード・URLの取得。

自動入力の使い方

KeePassXCの自動入力の使い方を紹介します。パスワード管理ツールを使う上で最も重要な機能です。

KeePassXCはバーチャルキーボードから自動で文字を打ち込んでパスワードやユーザー名を入力します。そのため文字が打ち込める場所ならどこでもKeePassXCの自動入力を使用可能です。

自動入力の使用方法は2つあります。

  • エントリーから自動入力する
  • グローバルショートカットを使って自動入力する

エントリーから自動入力する

エントリーを選択して自動入力を実行する方法です。

自動入力を実行するにはエントリーを右クリックして自動入力を実行を選択します。

エントリーから自動入力する

ツールバーからも実行できます。

自動入力を実行

エントリーから自動入力を実行する場合、サイトを開く => KeePassXCのエントリーを選択 => 自動入力を実行という手順です。

エントリーのURL欄をダブルクリックしてサイトを開くと便利に使用できます。

自動入力のパターン設定

KeePassXCはエントリーに設定された自動入力シーケンスを元に文字列を入力します。

デフォルトでは次のように設定されています。

{USERNAME}{TAB}{PASSWORD}{ENTER}

この設定はユーザー名・Tab・パスワード・Enterの順に入力を行います。

上の様な自動入力シーケンスが有効なのはユーザー名とパスワードの入力欄が連続で並んでいる場合です。Amazonのログインページのようにユーザー名とパスワード入力が分かれている場合は自動入力を効果的に使用できません。

各サイトの様々な入力フォームに対応するためには自動入力シーケンスを変更する必要がでてくるでしょう。

ここでは簡易的な対処方法を紹介します。

入力シーケンスを指定して実行する

入力シーケンスを指定して自動入力を実行する方法です。4種類の入力シーケンスを使用できます。

エントリーを右クリック > Perform Auto-Type Sequence

入力シーケンスを指定して実行する

エントリーを編集してシーケンスを変更する

自動入力するシーケンス自体を変更する方法です。

エントリーを編集してシーケンスを変更する
  1. エントリー編集画面で自動入力タブを選択
  2. 「カスタム自動入力シーケンスを使用する」にチェックを入れシーケンスを編集する

実行コードは分かりやすい書き方なので変更は難しくありません。

自動入力シーケンスの作成方法と実用例 – KeePassXC

グローバルショートカットを使って自動入力する

グローバルショートカットはサイト上で直接自動入力できる機能です。KeePassXCの画面を開く必要がありません。

グローバルショートカットはデフォルトでは設定されてないので、使用するにはショートカットキーを登録する必要があります。

設定 > 全般 > 自動入力

グローバルショートカットの設定

ショートカットキーはキーボード入力で設定できます。他のショートカットと被らないキー設定にしてください。

グローバルショートカットのおすすめ:Shift + Alt + A

グローバルショートカットの使い方

使い方はサイト上でグローバルショートカットキーを入力するだけです。

該当するエントリーが表示されるのでクリックすると自動入力が開始します。

グローバルショートカットが使えないとき

グローバルショートカットはサイトタイトルとエントリータイトルを照合して該当するエントリーを表示します。

しかし日本語環境では正確に照合できずに「ウィンドウタイトルに一致するエントリーが見つかりませんでした」というエラーが起こる場合があります。

対処法

グローバルショートカットのウィンドウタイトル照合に頼らずにエントリーを表示させることでこの問題の対処が可能です。

常にすべてのエントリーを表示させて検索で探します。

エントリーを右クリック > エントリーの編集 > 自動入力

グローバルショートカットが使えないとき
  1. ボタンを押して関連付けを追加する。
  2. ウィンドウタイトルに *(アスタリスク)を入力する。

*(アスタリスク)はワイルドカードです。

これで常にエントリーがグローバルショートカットのリストに表示されるようになります。

実際に使用する際は検索でエントリーを探しましょう。

最後に

KeePassXCの基本的な使い方を紹介しました。