ブログ初心者・Web制作の情報サイト
IMEプライベートモードのオン・オフを切り替える方法 – Windows10

IMEプライベートモードのオン・オフを切り替える方法 – Windows10

IMEのプライベートモードというのをご存じでしょうか? プライベートモードではIMEの「A」や「あ」文字の上に鍵の様なマークが表示されます。突然IMEに鍵の様なアイコンが表示されて戸惑っている人がいるかもしれません。

プライベートモードでは入力履歴の保持を防ぐことができます。

この記事ではWindows10でIMEのプライベートモードのオン・オフを切り替える方法を紹介します。

IMEプライベートモードとは

IMEプライベートモードとは入力履歴を残さないIMEのモードです。入力履歴を「使用しない」ではなく「残さない」という点に注意してください。以前の履歴が残っている場合は予測候補に表示されます。

つまりこの機能はプロジェクタ接続時やプレゼンテーションのような人前でPC操作をする場合にオンにする機能ではなく、オンにしておくことで履歴を残さないようにする機能なのです。

履歴を残さないと言いましたがIMEプライベートモード中でも履歴は保存されています。プライベートモードをオフにしたときに履歴が削除されるようです。またWindows起動時にはプライベートモードが自動でオフになっておりプライベートモード中の履歴は削除されています。

IMEプライベートモードをオンにすると「A」や「あ」の上に鍵の様なアイコンが表示されます。

IMEプライベートモード:オン

新しくなったMicrosoft IMEはまだすべての機能とが互換性があるわけではありません。人によってはプライベートモードが必要ない場合もあるでしょう。

IMEプライベートモードをオンにする

IMEプライベートモード:オフ

IMEのプライベートモードをオンにするにはアイコンを右クリックしてプライベートモード > 有効を選択します。

IMEのプライベートモードをオンにする

鍵マークが表示されプライベートモードが有効になりました。

IMEプライベートモード:オン

IMEプライベートモードをオフにする

IMEのプライベートモードをオフにするには上記のプライベートモード > 無効を選択します。またPC再起動でもオフになります。

プライベートモードの項目が無い場合は次の項目を参考にしてください。

プライベートモードの項目が無い場合

「A」や「あ」のアイコンを右クリックしてメニューを開いてもプライベートモードの項目が無い場合があります。

プライベートモードの項目が無い場合は一度Microsoft IMEのバージョンを以前のものに戻してください。

一度IMEのバージョンを以前のものに戻す

IMEのバージョンを戻す場合、IMEメニューの設定を選択します。設定が見当たらない場合もあるので設定が無い場合も参考に。

IMEの設定

全般をクリックします。

Microfoft IMEの画面

画面下の方にある「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」のチェックをオンにすると以前のバージョンに戻ります。

Microfoft IME:全般

これでIMEメニューにプライベートモードの項目が表示されます。

互換背にの項目にも書かれているように新しいバージョンのIMEはすべての機能に対して互換性を持っていないようなので不具合が起こっている場合は旧バージョンのまま使うこともできます。

IMEメニューに設定が無い場合

IMEの新バージョンと旧バージョンではメニューの内容が異なっています。

旧バージョンのメニューには設定の項目が無いため旧バージョン > 新バージョンへの変更時に困る可能性があります。その場合の対処法です。

まずWindowsメニューから設定を選択します。

Windowsの設定を起動

Windowsの設定画面が開きます。検索ウィンドウに「IME」と入力して表示される日本語 IME の設定を選んでください。

Windowsの設定

これでIMEの設定画面が開くので全般を選びます。

Microfoft IMEの画面

画面下の方にある「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」のチェックをオンにすると以前のバージョンに戻ります。

Microfoft IME:全般

最後に

Windows10でIMEのプライベートモードのオン・オフを切り替える方法を紹介しました。

プライベートモードは正直使いにくい機能です。使うにしてもPC起動ごとにプライベートモードをオンにしなければいけません。個人で使うPCでプライベートモードが必要ない人もいると思います。とりあえずこんな機能もあるとだけ知っておけばいいと思います。